沼袋の水(ぬまぶくろのみず)

2013年6月14日

沼袋の水

 

 沼袋の湧水沼は、明応年間(1492~1500年)から明治初期(1870年)まで、

神託の「占場」として近隣27ヶ村の崇拝信仰の霊場となっていました。
 現在でも、正月になると参拝する人も多く、

願をかけた「おさんご」(半紙に米とお銭を入れて折りたたんだもの、または、半紙をコヨリにしたもの)を

投げ入れ、流れたり開いたりせずに沈むと願い事が叶うといわれています。
※ 安全面等から飲用する際には煮沸してご利用ください。

 

《所在地》

〒034-0071 十和田市赤沼字沼袋18番地8

《お問い合わせ先》

十和田市民生部まちづくり支援課
〒034-8615 十和田市西十二番町6番1号
Tel : 0176-51-6726
Fax :0176-22-6299

お問い合わせ

環境衛生係
電話:0176-51-6726
ファクシミリ:0176-22-6299