新市まちづくり計画を変更しました

2015年3月27日

新市まちづくり計画の変更について

 

 市町合併後のまちづくりの計画を定めた「新市まちづくり計画」を変更しました。

 新市まちづくり計画(案)については、地域審議会での審議や青森県知事への協議を経て、平成26年市議会第3回定例会へ議案として上程し、議決されました。議決された変更後の新市まちづくり計画は総務大臣及び青森県知事へ送付しました。

 

■変更の理由

 平成24年6月に施行された「東日本大震災による被害を受けた合併市町村に係る地方債の特例に関する法律の一部を改正する法律」により、合併特例事業債の起債期間が5年間延長されたことにともない、合併特例事業を今後も着実に推進するため、新市まちづくり計画の期間等を変更しました。

 

 

■主な変更点

  • 計画期間を5年間延長し、平成17年度から平成31年度までの15年間としました。
  • 計画期間延長にあわせ、人口、財政等の主要指標の見通しについて、実績値及び推計値を修正しました。
  • 計画期間延長にあわせ、財政計画を修正しました。
  • 変更後の期間にあわせ、実施計画を策定しました。

 

ダウンロード

 

新市まちづくり計画.pdf(1.44MBytes)

 

  実施計画(H27~31).pdf(107KBytes)

お問い合わせ

政策企画係
電話:0176-51-6710