十和田市ひとり親家庭自立支援教育訓練給付金事業

2017年5月1日

 母子家庭の母または父子家庭の父の主体的な能力開発の取組みを支援するため、指定された講座を受講した場合に、受講に要した費用に対して給付金を支給します。

対象者

 市内に住所を有する母子家庭の母または父子家庭の父であって、次の要件を全て満たす者。

  1. 児童扶養手当の支給を受けているか、または同様の所得水準にあること
  2. 20歳未満の児童を扶養していること
  3. 過去に教育訓練給付金を受給したことがない者であること
  4. 教育訓練を受けることが適職に就くために必要であると認められる者であること

対象となる講座

  雇用保険制度の教育訓練給付の指定教育訓練講座(厚生労働省ホームページ内教育訓練講座検索システムにリンクします。)

支給額

 対象講座の受講のために対象者本人が支払った入学料及び受講料の60%に相当する額(上限は20万円)。
 ただし、その60%に相当する額が1万2千円を超えない場合は支給されません。

 ※平成29年4月1日から雇用保険法の一般教育訓練給付金の受給者も対象となりました。この場合、上記金額から雇用保険法の一般教育訓練給付金を差し引いた額が給付されます。 

事前相談

 講座を受講する前に事前相談が必要となりますので、受講開始の2週間前までに、こども子育て支援課子育て給付係にご相談してください。(年間随時受付)

申請から支給までの流れ

事前相談

就業経験・技能・取得資格等について確認させていただきますので事前にご相談ください。

また、窓口で必要書類等をお渡しします。

講座指定申請

受講開始の2週間前までに申請書類を提出してください。

◆「十和田市ひとり親家庭自立支援教育訓練給付金事業受講対象講座指定申請書」及び下記に掲げる必要書類(1)(2)

講座指定通知

申請について審査が行われ、対象講座として指定された場合には、「十和田市ひとり親家庭自立支援教育訓練給付金事業受講対象講座指定通知書」が送付されます。

対象講座受講

十和田市ひとり親家庭自立支援教育訓練給付金事業受講対象講座指定通知書」が届いてから、受講を始めてください。

支給申請

講座の受講を修了した日から起算して30日以内に、必要書類を提出してください。

◆「十和田市ひとり親家庭自立支援教育訓練給付金支給申請書」及び下記に掲げる必要書類(3)~(7)

支給決定

支給申請について審査が行われ、給付金の支給が決定された場合には、「十和田市ひとり親家庭自立支援教育訓練給付金支給決定通知書」が送付されます。

給付金支給

給付金が銀行口座へ振り込まれます。

必要書類

(1)母子家庭の母または父子家庭の父およびその児童の戸籍謄本又は抄本及び世帯全員の住民票の写し

(2)児童扶養手当証書の写し(当該母子家庭の母または父子家庭の父が児童扶養手当受給者の場合)または当該母子家庭の母または父子家庭の父の前年(1月から7月までの間に申請する場合には、前々年の額とする。)の所得の額等についての市区町村長の証明書

(3)市の通知する指定通知書

(4)教育訓練施設の長が、受講者の教育訓練の修了を認定する教育訓練修了証明書

(5)教育訓練施設の長が、受給者本人が支払った教育訓練経費について発行した領収書

(6)振込先銀行口座の通帳の写し

(7)雇用保険法の一般教育訓練給付金の支給額を証明する支給決定通知書(当該一般教育訓練給付金の受給者のみ)

 

変更の届出

 対象講座の受講を取りやめた場合や申請後に対象者に該当しなくなった場合などは、変更の届出が必要です。

お問い合わせ

子育て給付係
電話:0176-51-6716
ファクシミリ:0176-22-7599