グリーストラップの適正な管理のお願い

2013年3月18日

 飲食店等の皆様へ!グリーストラップの適正な管理のお願い

 飲食店(焼き肉店、中華料理店、ラーメン店など)や業務用厨房施設の排水には、大量の食材を調理し食器等を洗浄するため油分が多く含まれています。このような排水は汚濁負荷が高いことから、公共下水道へ流すためにはグリーストラップ等の除害施設を設置し適正に処理することが必要となります。

 

1. 維持管理について

  グリーストラップは、適正な維持管理がされていないと排水中の動植物油脂類や食材くず等のゴミが分離されず除去できないため、以下のようにグリーストラップの清掃を実施して下さい。

 

図 グリーストラップの清掃

※槽内の汚泥等の沈殿物は、産業廃棄物として適正に処理して下さい。
※グリーストラップは、排水中の油脂分の阻集器であり、油脂分を分解・処理するものではありません。排水を仕切り板で仕切られた槽内を通すことにより滞留時間を取り、排水中の油脂分を浮上・分離し阻集するものです。
 仕切り板を外して使用したり、適正な位置に設置せずに使用すると阻集能力が低下しますので、適正に使用して下さい。

 

2.動植物油脂類が下水道施設に及ぼす影響

 排水中の動植物油脂類や食材くず等のゴミが宅内の排水管や道路内の下水道管に付着すると、管が閉塞し排水が周辺に溢れ出すなど衛生上大きな被害がでる原因となります。
特に油脂は寒い季節になると、冷えて固まり易くなります。

 

3.油脂分を下水道に流さないためには

 グリーストラップの清掃等を徹底し適正な維持管理を行っていても、厨房から排水中の油脂分が多ければ公共下水道に油脂分が流入する場合があります。
 まずは、調理や食器洗浄等で出る油脂分が下水に流入しないように次のことを徹底して下さい。

1.調理の残り油は回収しましょう。

2.調理器具や食器等に付着した汚れは布や新聞紙等で出来るだけ拭き取りましょう。

3.ラーメン等のスープはそのまま流さず、出来るだけ目の細かい布等で漉してから流すか、布や新聞紙等で拭き取る工夫をしましょう。

 水質基準(動植物油脂類含有量30mg/L以下)に適合しない汚水を流した場合には、下水道法及び十和田市下水道条例により、当該汚水の水質を改善することを命じ、改善されない場合には罰則が科せられます。
(下水道法第46条 命令違反により1年以下の懲役又は100万円以下の罰金)
(十和田市下水道条例第77条 改善命令違反により5万円以下の過料)

※届出様式

 

※パンフレット

お問い合わせ

工務普及係
電話:0176-25-4015