「ふるさと寄付金」に係る特例控除額の改正

2014年1月31日

1.「ふるさと寄付金」に係る特例控除額の改正

 

 ふるさと寄附金(都道府県または市区町村に対する寄附金)に係る市民税・県民税の寄附金控除について、平成26年度から平成50年度までの各年度に限り、特例控除額の算定に用いる所得税額に、復興特別所得税(100分の2.1)を乗じて得た率を加算する措置を講ずることとされました。

 

〈寄附金控除計算式〉

 

(A) 市民税・県民税寄附金税額控除額=(B)基本控除+(C)特例控除

 

(B) 基本控除(寄附金額-2,000円)× 10%

 

(C) 特例控除(寄附金額-2,000円)× 【90% (040%(所得税率)) × 1.021

 

 

1 基本控除について控除対象となる寄附金額は、総所得金額等の30%が限度です。

2 特例控除の金額については、市民税・県民税所得割額の10%が限度です。

 

 

(寄附金控除の例)

 控除額は、寄附者の家族構成や収入額等で一人ひとり異なりますのでご注意ください。

 

◎ 30,000円のふるさと寄附を行った場合

  年間の収入額等を次の金額と仮定して計算した場合

   ・ 給与収入 7,000,000

   ・ 所得税率 20%

      ・ 市民税・県民税所得割額 370,000

  (B) 基本控除

    (30,000円-2,000)×10% 2,800

  (C) 特別控除

    (30,000円-2,000)×【90%-20%×1.021】 = 19,483(小数点以下切り上げ)

  

    (A) 市民税・県民税寄附金税額控除= (B) (C) 22,283

 

 

お問い合わせ

市民税係
電話:0176-51-6767,0176-51-6766
ファクシミリ:0176-22-4899