十和田市相談窓口ガイドブックを活用しましょう

2017年5月29日

十和田市相談窓口ガイドブックを活用しましょう

悩みや問題を抱えてつらい思いをしているかたは、ひとりで抱え込まず、早めに相談しましょう。

このガイドブックには、心や身体の悩み、子育て、借金や財産、いじめ、非行、労働、離婚等についての相談機関が掲載されています。

こんなサインがあるかたはぜひ相談を

    □疲れているのに眠れない

     □食欲がない

     □意欲がわかない

     □何をするにも疲れる

     □飲酒量が増えた

     □注意力がなくなり失敗ばかり

     □人に会うのがおっくうだ

     □異常がないと言われたのに、続く体調不良

     □突然涙ぐんだり、怒りだしたり、感情が不安定

     □自分は役に立たない人間と考えてしまう

 大切な人の命を支えるためにあなたができること

     ■気づく

      「表情が暗い」「元気がない」等気になる様子があったら声をかけ、「心配している」というメッセージを伝えましょう。

     ■よく聴く

      相手の気持ちや言葉を尊重し、否定せずにそのままを受けとめましょう。

     ■つなぐ

      抱え込んでいる悩みや問題に応じ、専門の相談機関を紹介し、解決に向けた適切な窓口につながるようサポートしましょう。

     ■見守る

      温かく寄り添いながら、身体や心の負担が減るように配慮し、じっくりとあせらずに見守りましょう。

 

 ✿市民一人ひとりがお互いの生命を大切にし、支え合える地域をつくりましょう。

 

十和田市相談窓口ガイドブックはこちら(H30.5月改訂).pdf(2MB)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

健康づくり推進係
電話:0176-51-6791