行政視察のご案内

2017年4月21日

 このたびは十和田市を行政視察先としてご検討いただき、ありがとうございます。

 視察を希望される場合は、「行政視察受入カレンダー」をご確認の上、以下のとおりお申込みください。

  

 

 

 

お申し込みは、ご希望の日の概ね1カ月前までにお願いいたします。

また、視察の際には十和田市内での宿泊、食事をご計画願います。

 

申し込み第1段階

「行政視察申込票」に必要事項をご記入の上、メール又はFAX(送信票不要)にて十和田市議会事務局までお申込みください。

メール又はFAX送信後に、送信した旨をお電話にて連絡ください。

 

申し込み第2段階

行政視察申込票の受付後、日程の確認や担当課との調整の上、受け入れの可否を電話にて連絡いたします。

 

申し込み第3段階

受け入れが可能な場合は、議長宛の依頼文書、視察者名簿、行程表、調査項目をご送付ください。

 

 

 行政視察申込票(46KB)

 

 


    

視察の際の主な受け入れ事業をご紹介します。

 過去3カ年の実績(26.27.28)(219KB)

 

 

「今日も無事でいてほしい」をキャッチフレーズに、行政及び多くの市民・団体・組織との協働により安全安心なまちづくりを目指します。平成21年にはWHOセーフコミュニティ協働センターから、国内2番目となるセーフコミュニティの認証を受けて、市民の外傷予防対策に取り組んでいます。また、平成27年2月に再認証を受けています。

 

市の「官庁街通り」全体をひとつの美術館に見立て、「十和田市現代美術館」を核に多様なアート作品を展開、中心市街地の活性化と結びつけ、新たなまちづくりに取り組んでいます。

  

本市産品の生産から加工、流通、販売までを結びつけ、販売促進の強化を図る活動を推進するため、平成25年度に「とわだ産品販売戦略課」を設置しました。とわだ産品のブランド化推進、6次産業化支援、とわだの逸品商品開発、とわだ産品の販売・流通の拡大など各種事業に取り組んでいます。

 

全国的にブームとなっているご当地グルメ。当市では郷土料理の中から「バラ焼き」に注目し、マーケティング調査等を行う中で発足した市民有志のバラ焼き応援団体「十和田バラ焼きゼミナール」の活動に対し、協力や支援を行い、一体となってまちおこしを進めています。

 

平成21年7月グランドオープンした新病院は免震構造を採用、また最新放射線治療装置「トモセラピー」を導入し、がん治療を行っています。平成23年3月18日付けで「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けるなど地域の拠点病院、中核病院としての役割を担っています。またアート溢れる空間作りも特徴の一つとなっています。

 

※その他の事業・・・ グリーンツーリズム事業、十和田湖の観光再生、電気自動車活用事業、道路整備パートナーシップ事業、生活道路除雪パートナーシップ事業、十和田市協働による除雪の推進に関する条例・・・

 

 

お問い合わせ

議会事務局
電話:0176-51-6781
ファクシミリ:0176-25-0726