保育所・認定こども園(保育部分)・小規模保育事業の利用について

2017年12月18日

 保育所・認定こども園(保育部分)・小規模保育事業の利用について

申込書の配布

申込に必要な書類は、十和田市役所こども・子育て支援課こども保育係で配布します。

または下記からダウンロードできます。

受付場所

十和田市役所こども子育て支援課こども保育係

申し込みにはマイナンバーが必要です

申請書にマイナンバーを記載していただく必要があります。

申請の際には、申請者のマイナンバーカードまたはマイナンバー通知カードと、顔写真付きの本人確認ができるもの(運転免許証、パスポート)などをお持ちください。

顔写真付きの本人確認ができるものを持っていないかたは、健康保険証、年金手帳などの2種類の本人確認ができるものが必要です。

代理のかたが申請される場合は、代理人の本人確認ができるもの(顔写真付き)と委任状が必要です。

・委任状様式 委任状.pdf(66KB)

利用できる施設と手続きの方法

支給認定

保育所・認定こども園(保育部分)・小規模保育事業を利用する場合、2号から3号までの支給認定を受ける必要があります。

  2 号 認 定 3 号 認 定
対   象 満3歳以上で、保育を希望 満3歳未満で、保育を希望
利用施設

・保育所

・認定こども園(保育部分)

・保育所

・認定こども園(保育部分)

・地域型保育事業

保護者の状況

月48時間以上の就労/妊娠・出産・育児休業中/保護者の病気や障害/親族の看護・介護/災害復旧/求職活動/就学など

保育の必要量に応じた区分

2号認定または3号認定を受けるかたは、保護者の就労等の状況により「保育標準時間」と「保育短時間」に区分されます。

・保育標準時間(最大11時間の利用)⇒就労の場合、ひと月あたり120時間以上の就労

・保育短時間(最大8時間の利用)⇒就労の場合、ひと月あたり48時間以上120時間未満の就労

利用できる施設など

施設区分 認定こども園 保育所 地域型保育事業

内  容

幼稚園と保育所の機能、特徴をあわせ持ち、教育と保育を一体的に行う施設

就労などで家庭で保育ができない保護者に代わって保育する施設

少人数の単位で、0~2歳の子どもを保育する事業

3歳以降の受け皿等を確保するため連携施設を設定

利用時間

教育部分:昼過ぎ頃まで

保育部分:夕方まで

夕方まで 夕方まで

利用の手続きについて

保育所・認定こども園(保育部分)・小規模保育事業の利用を希望する場合

2号・3号の認定が必要です。

保育所・認定こども園(保育部分)・小規模保育事業利用案内保育利用案内  

   ・平成29年度ご利用希望の方はこちら→H29保育利用案内.pdf(499KB)

  ・平成30年度ご利用希望の方はこちら→H30保育利用案内.pdf(499KB)

施設利用のために必要な様式

保育の必要性を証明する書類

利用者負担額(保育料)

利用者負担額(保育料)は、父母等の市民税額をもとに市が算定します。

 

  2号・3号認定保育料表   ・平成29年度保育料表→H29保育料表23号.pdf(244KB)

                 ・平成30年度の保育料表は、決定次第掲載します。

                

 

お問い合わせ

こども保育係
電話:0176-51-6717