平成30年度(平成29年分)給与支払報告書の提出期限は1月31日(水)です!

2017年11月9日

平成30年度(平成29年分)給与支払報告書について

 所得税の源泉徴収義務がある事業主(給与支払者)※1は、法人・個人を問わず、前年中に支払った(支払いの確定した)給与について、給与支払額の多少にかかわらず、アルバイト・パート、役員等を含むすべての従業員等の給与支払報告書(総括表および個人別明細書)を作成し、従業員の1月1日現在(退職の場合は退職日現在)における住所地の市町村長に提出することが法令により義務付けられています。(地方税法第317条の6)

 

 ※1 従業員を雇用する事業主(給与支払者)は、所得税の源泉徴収義務者となります。(所得税法第183条)

 ※2 所得税の源泉徴収票とは異なり、すべての従業員について提出していただく必要があります。(給与支払額の多少にかかわらず、退職者についても提出が必要です。)

 ※3 給与支払報告書は、市民税・県民税(個人住民税)の課税の根拠となる重要な書類ですので、正しく記入のうえ、必ず提出期限までにご提出ください。

 

 

平成30年度給与支払報告書の提出及び記入方法について      

   平成30年度給与支払報告書の提出について(表面)(957KB)平成30年度給与支払報告書の提出について(裏面)(1MB)

給与支払報告書(総括表)

   平成30年度給与支払報告書 総括表(別紙1)(237KB) 

普通徴収該当理由書兼仕切紙    

   普通徴収該当理由書兼仕切紙(別紙2)(247KB) 

給与支払報告書(個人別明細書)       

   平成30年度給与支払報告書 個人別明細書(147KB)

 

※注意  現時点での様式です。(省令等により変更になる場合があります。) 

 

 

インターネットによる給与支払報告書の提出をおすすめします!!

無料 ・ 簡単 ・ 便利 ・ 手間なし

地方税ポータルシステム(eLTAX:エルタックス)を利用して、インターネットで給与支払報告書を提出しませんか?(郵送による提出は不要です)

 平成29年1月から、給与支払報告書と源泉徴収票の統一様式に入力するだけで、給与支払報告書データは市町村へ、源泉徴収票データは国税庁へ提出できるようになりました。

 

◆メリット◆

・インターネットを通じて簡単に手続きができます。

・エルタックス用の無料ソフトを使って、誰でも簡単に作成できます。

・複数の市区町村へまとめて一度に処理ができます。

・給与支払報告書データは市町村へ、源泉徴収票データは国税庁へ一度に提出できます。

 

 images1.jpg

お問い合わせ

市民税係
電話:0176-51-6766