給与支払報告書・給与所得者異動届出書におけるマイナンバーの取扱いについて

2017年11月9日

給与支払報告書・給与所得者異動届出書におけるマイナンバーの取扱いについて

 

給与支払報告書・給与所得者異動届出書にはマイナンバーの記入が必要です!

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の開始に伴い、平成29年度分(平成28年分)給与支払報告書及び平成29年1月1日以後に給与の支払を受けなくなった者に係る給与所得者異動届出書(以下「給与支払報告書等」)には、マイナンバー(個人番号・法人番号)の記入が必要となりました。

 

給与支払者が個人事業主の場合は事業主の本人確認も必要になります!

 

成りすましなどによる被害を防止するため、給与支払者が個人事業主の場合は、事業主の本人確認(番号確認と身元確認)を行いますので、次の確認書類をお持ちください。

(給与支払者が法人の場合は不要です。)

給与支払報告書・給与所得者異動届出書におけるマイナンバーの記入及び本人確認について(166KB)

    国税庁ホームページ<マイナンバーについて>

  card.png maina.png

 

1.本人が窓口で給与支払報告書等を提出する場合

次の2つの事項について、以下の要領で確認します。

 (1)番号確認 (次のいずれか)

   ・マイナンバーカード(個人番号カード) ※番号確認と身元確認が1つで済みます。

   ・通知カード

   ・住民票の写し(個人番号が記載されたもの) など

 (2)本人の身元確認 (次のいずれか)

    ・マイナンバーカード(個人番号カード) ※番号確認と身元確認が1つで済みます。

    ・運転免許証やパスポート、障害者手帳など、顔写真付証明書類 1

    ・健康保険証や年金手帳など 1

    ・その他顔写真なしの証明書類(住所・氏名・生年月日がわかるもの)2点 など

 

  (注意)家族や従業員・事務員が、事前に本人が作成した給与支払報告書等を使者として窓口に持参する場合は、上記(1)(2)の本人に係る確認書類のコピー(写し)を添付してください。

 

  

2.本人の代理人が窓口で給与支払報告書等を提出する場合

次の3つの事項について、以下の要領で確認します。

 (1)申告者本人の番号確認 (次のいずれか)

   ・本人のマイナンバーカード(個人番号カード)またはその写し

   ・本人の通知カードまたはその写し

   ・住民票の写し(個人番号が記載されたもの) など

 (2)代理権確認 (次のいずれか)

    ・法定代理人・・・戸籍謄本、その他その資格を証明する書類など

    ・任意代理人・・・委任状(任意様式)   ※十和田市作成のものはコチラ→ 委任状(代理人が給与支払報告書等を提出する場合)(74KB)

  (3)代理人の身元確認 (次のいずれか)

    ・代理人のマイナンバーカード(個人番号カード)

    ・代理人の運転免許証やパスポート、障害者手帳など、顔写真付証明書類 1

    ・その他顔写真なしの証明書類(住所・氏名・生年月日がわかるもの)2点 など

 

3.郵送で給与支払報告書等を提出する場合

   上記の「1.本人が窓口で給与支払報告書等を提出する場合」または「2.本人の代理人が窓口で給与支払報告書等を提出する場合」と同様に、確認書類のコピー(写し)を同封してください。

   (注意) ただし、委任状は原本を提出してください。

 

 

4.eLTAX(エルタックス)で給与支払報告書等を提出する場合

   公的個人認証による電子署名で本人及び代理人の身元確認を行い、利用IDを用いた電子申告の送信で代理権を確認するため、従来どおりの手続きと同じとなりますので、追加確認するものはありません。

 

 

お問い合わせ

市民税係
電話:0176-51-6766