直播栽培について ~鉄コーティングとは~

2017年4月10日

   4月に入り、だんだん暖かい日が続いてきていますね。農家の皆さんはいよいよ春の作業が始まっていると思います。なかでも米農家の皆さんは、これから苗代等の大きな作業があり、毎年ご苦労されているかと思います。そこで今回は、そんな春の作業がぐっと軽くなる、直播栽培技術について紹介します。

 

直播栽培について

   ○ 直播栽培とは

   水田に育てた苗を植える移植栽培に対し水田に直接種を播いていく栽培方法です。育苗、田植えが省略できるため、大規模化、低コスト化、省力化につながる技術として注目されています。

 

   ○直播栽培のメリット

   1. 省力・低コスト化

    育苗、移植作業が省略され、作業時間が短縮されます。これらの作業にかかる資材費、人件費が不要になります。

  

   2. 作業の平準化

    移植栽培では、春は水稲以外の作物と作業が重なりがちですが、直播により育苗作業が省略されて、作業が平準化されます。

 

   3. 規模の拡大

    移植栽培と併用することにより、作期の幅を分散することができ、経営規模を拡大できます。

 

  鉄コーティングについて

    直播栽培に取り組むなかで、代表的な方法の一つに、鉄コーティング栽培技術があります。直播栽培は、多く

    のメリットがありますが、鳥害や浮き苗などの課題もあります。鉄コーティングはそんな鳥害・浮き苗を防ぐ技術

    として、多くの人に取り組まれています。

 

○ 鉄コーティングって?

     鉄コーティングとは、種子を鉄粉でコーティングすることです。鉄粉が種子の表面で酸化して、そのさびが糊の役

    目となりコーティングができます。鉄コーティングすることで、種子が重くなり浮き苗を防いだり、表面が硬くなること

    で鳥害を防ぐことができます。

 

○ 作業工程 ~福沢 秀雄 さんの鉄コーティング方法~

 

        今回は、多くの農家の方から鉄コーティング作業を依頼されている、福沢 秀雄 さんに鉄コーティング方法について教えていただきました。

 

          1. 脱毛した状態の種子を積算温度60度になるまでお湯に浸します。 

 

        このお湯に浸す機械は福沢さんのお手製だそうです。   

        CIMG6252.JPG

 

           2. 脱水、陰干ししてある程度水分を飛ばします。

        CIMG6250.JPG

 

          3. ミキサーに種子、鉄粉、焼石膏を入れて混ぜます。そのままだと種子にしっかりコーティングされないので、

            水を少しずつ入れながらコーティングしていきます。これは入れる水の量、入れるタイミング、かき混ぜる

           タイミングが難しく、取組み当初は苦労したそうです。

 

       CIMG6270.JPG

         

        

     4. ある程度混ざったら、シリカゲルを入れます。これは鉄コーティングした種子を乾燥させることで、種子同士が

         くっつかないようにするために入れているそうです。

         ミキサーで作れる量が一回20キロで、これを20分混ぜて完成となります。一日で約200キロ作れるそうです。

   

        コーティングが完成しました!

       CIMG6265.JPG

   

 

 

        5. コーティング作業完了後、種子の水分量を減らすため、乾燥機にかけます。乾燥前の鉄コーティング種子を

           空気に触れたまま放置すると、一気に高温となり種子は死滅してしまいます。この乾燥作業がとても重要な

          ポイントだそうです。

 

       乾燥前は、空気に触れないよう密閉して保存します。

        CIMG6258.JPG

 

       こちらの乾燥機も福沢さんお手製です。通常、コーティング後の乾燥はブルーシートに種子同士がくっつかな

       いように広げたり、苗箱に広げたりと、手間と場所がとられるものですが、この乾燥機で作業が軽くなったそう

      です。

        CIMG6261.JPG

 

         残念ながら完成した鉄コーティング種子の写真はありませんが、完成すると鉄がさびたような色となります。 

 

 

 

         福沢さんは自分なりに試行錯誤して、より経費削減、省力化できるやり方を編み出しているそうです。最初は失敗

       もあったようですが、失敗から「何がダメだったのか」「どうすればもっとやりやすいのか」を学び、新しい取り組みへ

       繋げています。1つの方法に縛られず、自分にあった取り組み方を見つけることが重要だと教えていただきました。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

水田政策係
電話:0176-51-6742