健康診査等のご案内

2018年3月1日

特定健康診査・特定保健指導を実施しています。

検診予約システム

 

 平成20年4月から、40歳以上のかたを対象に、※1メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防と改善を目的とした特定健康診査と特定保健指導を実施しています。

   

  ※1 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とは
       おなか周りに脂肪がたまった「内臓脂肪型肥満」により高血圧や高血糖、脂質異常症が重なった状態のことです。

        メタボリックシンドロームがきっかけとなって引き起こされる危険性のある生活習慣病は、高血圧症・糖尿病・脂質異常症・脳血管障害・高尿酸血症といった病気があります。

     若い頃からの食事や運動・喫煙・飲酒・ストレスなどの日頃の生活習慣が深く関与して発症するため、成人に限らず子どもや青年でも発症する可能性のある病気と考えられています。

      ほとんどの生活習慣病は症状のないままに進行するため、症状を自覚する頃にはかなり進行していることが多く、一度発症すると完治が難しい場合や後遺症が残る場合があります。

 

特定健康診査とは?

 生活習慣病とその予備群のかたを早期に発見し、生活習慣病の予防、ならびに進行や悪化を食い止めるための健診です。

 メタボリックシンドロームに着目した内容になっています。

 平成29年度も、十和田市国民健康保険に加入しているかたは特定健康診査は無料で受けられます。

   後期高齢者医療制度に加入しているかたや生活保護を受けているかたも、これまでどおり健康診査は無料で受けられます。

 

特定保健指導とは?

 40歳~74歳までのかたを対象として、メタボリックシンドロームの該当者、または予備群と判定されたかたには、特定健康診査の判定結果から、保健指導を行います。対象者に対し、保健師や管理栄養士などが一人ひとりの生活習慣にあった健康づくりの方法を支援します。

 

特定健康診査の対象者

 

十和田市国民健康保険に加入している40歳~74歳のかた これまでどおり十和田市が実施するがん検診等と一緒に特定健康診査を受診できます
受診するときは、健康保険証と受診券の提示が必要です。受診券は健診申込み後、市が発行します。
後期高齢者医療制度に加入しているかた(満75歳以上のかた、または65歳以上で一定の障害のあるかた)

 

※ご加入の健康保険が年度途中で変更になった場合、特定健康診査・特定保健指導が受けられない場合があります。また、お勤めのかたは、労働安全衛生法に基づく事業主が実施する健診が優先されます。

※けんぽ協会、共済組合など、十和田市国民健康保険以外の保険に加入している、40歳以上の被扶養者(家族)の特定健康診査の申し込みは、青森県総合健診センター(☎017-741-2336)になります。直接お問い合わせください。

 

各種がん検診等も実施しています

 市では、40歳以上の市民(子宮頸がん検診は20歳以上)を対象に、各種がん検診等も実施しています。

 

 特定健康診査と一緒に受診することができますので、検診の種類等は次をご覧ください。

 

  また、青森県による無料肝炎ウイルス検査と肝炎治療の医療費助成制度があります。詳しくは「青森県ホームページ」でご確認ください。

 

  リンク: 医療機関における無料肝炎ウイルス検査のお知らせ 

 

  リンク: 肝炎ウイルス初回精密検査費用助成及び定期検査費用助成のお知らせ   

健康診査の種類と内容は下記のとおりです

 市では、40歳以上の市民(子宮頸がん検診は20歳以上)を対象に、各種がん検診等も実施しています。

 特定健康診査と一緒に受診することができますので、検診の種類等は次をご覧ください。

  H30健康診査の種類.pdf(597KB)   H30集団健診日程一覧.pdf(339KB)   H30婦人科検診日程一覧.pdf(274KB)   H30個別医療機関一覧.pdf(123KB)

問い合わせ・申込先  

 十和田市健康増進課(十和田市保健センター内)

 ☎(0176) 51-6790 ・ 51-6791 ・ 51-6792

 

検診予約システム

 

 

お問い合わせ

健康管理係
電話:0176-51-6790