【緊急・注意喚起情報】強引な布団の訪問販売事業者にご注意ください!

2017年7月18日

訪問販売により羽毛布団の高額なリフォーム契約を強引に勧誘されたとの相談が県内の消費生活センターに寄せられています。市民の皆様は十分注意してください。

 

≪事例≫

 「あなたが以前、羽毛布団のリフォームを頼んだ会社が倒産した。」「その会社の名簿を見て訪問した。」などと言って、突然、業者が訪問して来た。

 現在使用している羽毛布団を見せたら「ほつれがあり、布団カバーの中に羽毛が出ている。」などと言われ、1枚28万円のリフォーム契約を勧められた。

 病気の後遺症で物事の判断が出来なくなり、十分理解しないまま契約して手付金として4万円支払った。家族から高額だと言われたので、解約したい。

 

≪皆様へのアドバイス≫

 これまでも県内では、訪問販売による羽毛布団の販売やリフォーム契約に関するトラブルが発生しています。

 突然の訪問を受け、勧誘や契約を拒否したのに、強引に契約を迫られて困ったというような場合には、一人で悩まずに家族や周りの信頼できる人たちに相談しましょう。必要のないものであれば、玄関前ではっきり断ることも大切です。

 もし契約してしまった場合でも、契約書面を受け取った日から8日以内であれば、特定商取引法により、クーリング・オフ(無条件解約)ができますので、早めに消費生活センターへ相談してください。また、高齢者の周囲の方は、日ごろの見守りをお願いします。

 

相談窓口はこちら

十和田市消費生活センター

電話番号 0176-51-6757 (月~金 8:30~16:30 祝日・年末年始を除く)

消費者ホットライン (お近くの消費生活センターをご案内します)

電話番号 局番なし188 (いやや!)

 

お問い合わせ

消費生活センター
電話:0176-51-6757