農地を貸したい方、借りたい方へ

2017年11月10日

農地を貸したい方、借りたい方へ

 農業をリタイヤしたい、規模を縮小したい、農地を貸したいけど借りる人が見つからないという方は、農地中間管理機構(以下、機構という)で借り手を探してもらうのはいかがでしょうか?

 また、どんどん農地を借り受けして農業経営を拡大していきたいのに、農地が見つからないという方は、機構を活用して農地を借り受けするのはいかがでしょうか?

 

 IMG_311701.jpg   IMG_311101.jpg   IMG_330101.jpg

農地中間管理機構とは?

 平成26年に「公益社団法人あおもり農林業支援センター」が県から「農地中間管理機構」の指定を受け、「農地中間管理事業」を実施しています。

 この事業は、農地を貸したい農業者から、機構(支援センター)が農地を借り入れ、農地を借りたい農業者に農地を転貸するものです。

 

機構なので貸し手も安心!

 貸し手は、農地を貸す相手が機構なので安心して農地を貸し付けることができます!

 ※貸し手の応募用紙についてはこちら→貸し手申込用紙.xls(36KB)

農地を借りたいけれど、見つからない

農地を借りたい方は、自分の農地に近い農地を借り受けできます。

 ※受け手の応募用紙についてはこちら→受け手申込用紙.xls(75KB)

 安心のポイント

その1:お借りした農地は、公表された信頼のある借り手に貸し付けます。

※ルールに基いて転貸するため、任意の相手に貸せない可能性があります。

その2:公的機関なので、賃料は確実に振り込まれます。

 

その3:万が一借り手から農地が返されても、機構が新しい受け手を探します。

 

その4:貸付期間が終了すれば、農地が返ってきます。

※契約の自動更新はありません。

 

※全農地を貸し付けしてリタイヤするなど、要件を満たせば機構集積協力金が交付されます。

 (注:詳細についてはお問い合わせください。)

 

その5:全農地を貸し付けすると、固定資産税が軽減されます。

※所有する全農地(10アール未満の自作地は残せます)を機構に10年以上貸し付けたとき、当該農地の固定資産税が3年間、2分の1に軽減されます。

 

関連リンク

公益社団法人あおもり農林業支援センター

※応募している借り手を公表しています。

お問い合わせ

水田政策係
電話:0176-51-6742