平成30年8月から介護サービスを利用した時の利用者負担が変わります

2018年7月31日

平成30年8月から現役並み所得のあるかたは、介護サービスを利用した時の負担割合が「3割」になります

利用者負担の割合について

 介護保険サービスまたは、介護予防・生活支援サービス事業を利用したときは、原則として実際にかかる費用の一部を利用者が負担します。

 この利用者負担割合について、これまでは1割または一定以上の所得のあるかたは2割としていましたが、平成30年8月から65歳以上で現役並みの所得のあるかたには、費用の3割をご負担いただくことになります。

 負担割合は所得によって決まり、介護保険負担割合証の「利用者負担の割合」の欄に記載されている「1割」~「3割」が負担割合となりますのでご確認ください。

 

 

3割負担の要件

 本人の合計所得金額が220万円以上で、同じ世帯にいる65歳以上の人の「年金収入+その他の合計所得金額」が単身の場合340万円以上、2人以上世帯の場合463万円以上の人は、サービスを利用した際の負担割合が3割になります。

 

 

新しい「介護保険負担割合証」を送付します

 要支援、要介護の認定を受けているかた、総合事業対象者のかた全員に、利用者負担の割合(1割~3割)が記載された新しい「介護保険負担割合証」を7月中に送付します。

 サービス利用時には介護保険被保険者証とあわせてサービス提供事業所に提示してください。

 

   (厚生労働省パンフレット)平成30年8月から3割負担が導入.pdf(268KB)

お問い合わせ

認定給付係
電話:0176-51-6722