【注意喚起】市役所職員などを騙る還付金詐欺(未遂)について

2018年3月28日

本日、市役所などを騙る還付金詐欺の不審電話が十和田市内で発生しています。市民の方は十分注意してください。

 

【手口】

 

・市役所カワノと名乗る男性から「年度末でもらい過ぎていた保険料の還付がある。本日すぐ通帳に振込できる。」等と電話があり、最寄りのATMへ行くようにと指示を受けた。

 

・市役所職員を名乗る男性から電話があり「制度が変わり介護保険料の還付がある。手続期限を過ぎているが銀行で手続きすれば本日中に振込できる。」等と説明を受けた。その後、みちのく銀行カワノと名乗る男性から電話があり、通帳やキャッシュカードの有無を聞かれ、最寄りのATMへ行くようにと指示を受けた。

 

■今回は市役所などへ事実確認を行い、詐欺と判明したため被害はありませんでした。今後も以下の点に注意ご注意ください。

 

・市役所では還付金などに関して必ず「お手紙」でお知らせしています。

 

・市役所から電話連絡してキャッシュカードの有無や口座番号などを聞き出したり、ATMへ誘導することはありません。

 

・市役所を名乗ってもうのみにせず、むやみに個人情報などを教えないようにしましょう。

 

・相手の名前や部署を確認して一旦電話を切り、事実確認を行ってください。

 

・還付金に関する不審電話には1人では対応せず、まず誰かに相談してください。

 

■不審電話がありましたら、警察や消費生活センターへご相談ください。

 

相談窓口はこちら

十和田警察署

0176-23-3195

十和田市消費生活センター

0176-51-6757 (月~金 8:30~16:30 祝日・年末年始を除く)

 

消費者ホットライン (お近くの消費生活センターをご案内します)

局番なし 188(いやや!)

お問い合わせ

消費生活センター
電話:0176-51-6757