麻しん(はしか)の発生報告数の増加について【注意喚起】

2019年2月21日

 麻しんについては、平成27年3月27日付けで、世界保健機関西太平洋地域事務局により、日本が排除状態にあることが認定されましたが、その後も海外で感染した患者を契機とした国内での感染の拡大事例がみられています。

 

 今般、関西地方で麻しん患者数の増加が報告されています。

 

 定期予防接種の対象(1歳児・年長児)で、予防接種が済んでいないかたは、早めの接種をお勧めします。

 対象外のかたは自己負担になりますが、任意で接種を受けることができます。接種歴が不明な場合は、接種が必要かどうか、かかりつけ医にご相談ください。

 

 

参考

【国立感染症研究所感染症疫学センターHP】麻疹発生時対応ガイドライン〔第二版:暫定改訂版〕

https://www.niid.go.jp/niid/images/idsc/disease/measles/guideline/guideline02_20160603.pdf

 

【厚生労働省HP】麻しんとは

https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/index.html

 

お問い合わせ

健康管理係
電話:0176-51-6790