災害時の電話の利用方法について

2018年6月19日

災害時の電話の利用方法について

 地震などの災害発生時には、音声通話が集中し、電話がつながりにくくなります。東日本大震災発生の直後も、携帯電話事業者によっては平常時の50~60倍以上の通話が一時的に集中するなど、長時間にわたり電話が非常につながりにくい状態となりました。
 このため、大規模災害時などには、災害用伝言ダイヤルや比較的つながりやすいメール等を活用するとともに、電話をかける場合には手短な通話を心がけたり、不要不急な電話やリダイヤルを控え、緊急を要する電話がスムーズに利用できるよう協力しましょう。

 

通信事業者の提供する災害用伝言ダイヤルなどのページへ
 

お問い合わせ

防災危機管理室
電話:0176-51-6703