【消費者庁より】「アマゾンジャパン合同会社等をかたる架空請求」に関する注意喚起

2018年7月11日

○アマゾンジャパン合同会社等(※注1)をかたる架空請求に関して、消費者庁より注意喚起情報がありましたのでお知らせします。

 

【手口】

 

  • 「有料動画の未納料金が発生しております。本日中にご連絡なき場合は、法的手続に移行致します。」

   「会員登録料が未払いです。本日ご連絡なき場合、少額訴訟の手続きに移行致します。」

などという内容のSMS(ショートメッセージサービス、※注2)を消費者の携帯電話に送り付けます。

 

  • 連絡をしてきた消費者に対し、個人情報を聞き出した上、実際には発生していない未納料金の支払いを求めます。支払いを拒むと、後で返金すると欺き、とりあえず支払ったほうが良いと消費者に思い込ませます。

 

  • コンビニエンスストアで購入できる、通販サイトのギフト券(※注3)や、その他の前払式電子マネー(※注4)で支払わせます。

 

  • 一度支払いに応じてしまうと、他にも未納があるなどと偽りの説明をし、さらに支払いを要求してきます。

 

 

 【皆さまへのアドバイス】

 

  •  実在するアマゾンは、SMSで未納料金を請求することはなく、未納料金の支払方法として利用者にギフト券を購入させてその番号を連絡させることはありません。

 

  • 「本日中に連絡がない場合は、法的手続き(訴訟)に移行する。」などというSMSは典型的な詐欺の手口です。絶対に連絡しないでください。

  

  • ギフト券等の前払式電子マネーを購入してその番号を連絡しろというのは典型的な詐欺の手口です。絶対に応じないでく ださい。

  

  • このようなSMSや電話での要求に「おかしいな」と思ったら、すぐに消費生活センターや警察に相談しましょう。

  

 

(※注1) アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社。

(※注2) メールアドレスではなく携帯電話番号を宛先にして送受信するメッセージサービス。

(※注3) カード型の金券でプリペイドカードの一種。当該通販サイトの会員になり、裏面に記載されている番号を登録することで、額面金額が使用可能になる。番号さえわかれば、ギフト券自体がなくても第三者が使用することが可能。

(※注4) コンビニエンスストアにある端末機で購入申込をし、発行された申込用紙をレジに持参して支払う。代金と引き換えにレシートが発行され、記載された番号を発行元が指定するサイトなどに登録して使用する形式。ギフト券と同様に、番号さえ分かれば第三者が使用することが可能。

 

 

  

詳細については下記をご覧ください。≪消費者庁ホームページへリンクします≫

http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/pdf/consumer_policy_information_180629_0001.pdf

「SMSを用いて有料動画の未納料金の名目で金銭を支払わせようとする『アマゾンジャパン合同会社等をかたる架空請求』に関する注意喚起」

 

相談窓口はこちら

 

十和田市消費生活センター

電話番号 0176-51-6757 (月~金 8:30~16:30 祝日・年末年始を除く)

 

消費者ホットライン (お近くの消費生活センターをご案内します)

電話番号 188 (局番なし・いやや!)

 

警察相談専用電話

電話番号 #9110 (局番なし)

お問い合わせ

消費生活センター
電話:0176-51-6757