にんにく植え付け作業が始まっています!

2018年10月16日

木の葉も色づいて、いよいよ秋本番を迎えていますね。

今回は秋の農作業「にんにくの植え付け作業」についてご紹介します。

 

 にんにくについては、「今年も立派なにんにくが収穫されています!」(2018年7月3日投稿)の記事で紹介しましたが、市内でも300ヘクタールを超える面積が作付されており、日本一の面積を誇っています!

 例年9月下旬から10月上旬に植え付けがされ、翌年の6月下旬から7月上旬にかけて収穫されています。今の時期は、来年産に向けた植え付け作業が行われています!

 

 10月9日に行われた、十和田おいらせ農業協同組合農業技術センター(相坂字高清水)での植え付けの様子をご紹介します。

 

 

 にんにくは、一玉のにんにくを一粒ずつに分けたものを植え付けます。

 その大量の種を機械に入れている様子です!かなりの重労働です・・・

 

 機械.JPG

 

 機械2.JPG

 

 

植え付け機に乗車して、機械の4つ並んだ穴に手作業で種を入れていくと、機械が自動で植え付けしてくれます。機械3.JPG

 

          ドローンで撮影した植え付けの様子です!

↓↓↓なかなか見ることのできないアングルですので、是非ご覧ください↓↓↓

        

 

 

 

お問い合わせ

水田政策係
電話:0176-51-6742