きみがらスリッパの製作体験会を実施します!

2019年1月23日

 

きみがらスリッパを熟練の組合員と一緒に作りませんか?

丁寧な指導で一足作り上げるまで指導します!

作ったスリッパはもちろんお持ち帰りいただけます!

 

体験会について

 とき   3月2日()、3日() 午前9時30分~午後3時30

ところ  市民交流プラザ「トワーレ」

対象   両日参加できる人

定員   12(定員を超えた場合、抽選により受講者を決定させていただきます。)

費用   2,500

持ち物  昼食、エプロン、霧吹き、タオル、はさみ、定規

申込期限 2月12()

申・問  十和田きみがらスリッパ生産組合事務局(とわだ産品販売戦略課内) ☎51-6743

 

きみがらスリッパとは?

 古くから馬産地として栄えた十和田市は、飼料用とうもろこし「デントコーン」の栽培が盛んに行われていました。

大量に廃棄されていたきみがら(とうもろこしの皮)を有効活用し、閉農期の女性たちの副業にしようと昭和22年に誕生したのがきみがらスリッパです。

昭和38年には、十和田きみがらスリッパ生産組合が設立され、現在も材料の生産から製品の仕上げまで全て手作業で行っており、青森県の伝統工芸品に指定されています。

こうして一つ一つ丁寧に作られたスリッパは、足を入れた瞬間ふわりと包み込まれるような優しい履き心地で、一足約120gと軽く、履くほどに足によくなじみとても快適です。

また湿度を吸収・放出してくれるので、冬は温かく夏も涼しいスリッパです。

 

 1.JPG  2.JPG

 

 3.JPG  4.JPG

 

お問い合わせ

販売戦略係
電話:0176-51-6743