北里大学「北里農援隊」と「若手農業者」との郷土料理作り体験会が行われました!

2019年2月28日

2月14日(木)、クマガイクッキングスタジオの豊川彰子先生を講師にお迎えし、北里大学の農援サークル「北里農援隊」と「若手農業者」による郷土料理作り体験が行われました!

 今回は、市民交流プラザ「トワーレ」のキッチンスタジオで、十和田市で生産されている、長芋、ごぼう、にんじん、米粉などを使用し、「長芋すいとん」、「なべっこ団子」、「パイカのうま煮」、「白菜のりんごおろし和え」、「チョコ大福」(バレンタインデーだったので、豊川先生のご厚意により(☆_☆))を作りました。

 

【豊川彰子先生】

 クマガイクッキングスタジオ(女子栄養大学認定校)で助手の活動をしています。

 主な活動

   ・教室助手   ・家庭料理検定運営のサポート

   ・公共機関依頼の調理技術指導

   ・公民館講座など 年3~4回(高齢者向けから学童対象の講座まで)

 <資格>

   ・食生活指導士 2級  ・家庭料理技能検定 2級  ・生涯学習インストラクター 2級

  

【北里農援隊】

 農業・むらづくり・農村環境保全を応援することを目的に、2016年9月に発足したサークル。

主な活動

   ・農作業の応援

   ・農産物のブランド化・加工商品化の企画、販売の応援

   ・祭り等イベントの企画や実施の応援

   ・他大学サークルの交流など。

 

 

  十和田の郷土料理について.JPG

 始めに、豊川先生より、十和田の郷土料理の歴史や郷土料理でも地域で作り方が違うことを教えていただきました。

  

 料理の基本について.JPG

次に、下ごしらえをしながら、料理の基本を教えていただきました!

料理は化学で、食材の温度による変化や分量の考え方などを解説いただきました!

  

米粉をまぜまぜ.JPG 

なべっこ団子の団子は熱いうちにまぜる必要があり、また、こねる力も必要なため、一苦労。

 

 長芋の皮むき.JPG 

皮むき器(ピーラー)を使うことが多いですが、包丁で皮をむいていきます!

長芋はすべるので、皮をむくのが難しい・・・

 

完成!!.JPG

予定より早い時間で完成!

もちもちっとした食感に、参加者は、「とても美味しい。家でも作ってみたい。」と話していました!

  

今回は、十和田市内で作られている、米粉(有限会社:丸井精米工場)で、すいとんや団子をつくりました。

米粉商品写真.png

 次回は、作成した料理のレシピ等も紹介します!

 

お楽しみに!!

お問い合わせ

水田政策係
電話:0176-51-6742