春の農作業安全運動重点期間です!

2020年4月1日

 県では、春の農繁期を迎えるに当たり、農業機械等による事故を防止するため、令和2年度春の農作業安全運動を実施しています。

 農業事故を防止するため、県内の農作業事故の傾向と農作業事の注意点を紹介します。

 

【農作業事故の傾向】
1.死者数の約8割が65歳以上の高齢者です。
2.乗用型トラクターによる事故が全体の約23%と最も多くなっています
3.ほ場への出入りや傾斜地など危険個所での転落・転倒が多くなっています。

4.機械点検中や衣服等による機械の巻き込まれ事故が多くなっています。
5.機械作業中に機械と樹枝等の間に挟まれる事故が多くなっています。
6.はしごや脚立等を使用した高所からの転落事故が多くなっています。

7.高所作業台車から転落後ひかれる事故が増加傾向です。

 

【農作業時の主な注意点】
1.機械操作や高所作業等においては、ヘルメットを着用する
2.携帯電話を所持するなど、家族・消防等へすぐに連絡できるようにする。
3.長時間の連続作業を避け、必ず作業の合間に十分な休憩を取る。
4.トラクターなどでの田や畑への出入りや畦畔を越えるときは、転倒・転落に注意する。

 

農作業安全運動.jpg

 

発生状況.jpg

 

お問い合わせ

農政推進係
電話:0176-51-6736