7月から子ども医療費給付事業の所得判定年度が変わります

2019年7月1日

前年度所得制限により該当にならなかった人で、所得の減、扶養人数の増などの理由で新たに該当すると思われる人は窓口でご確認ください。

 

対象 市内に住所を有する中学生までの子どもを持つ保護者

 

必要なもの

▼子どもの健康保険証

▼印鑑(スタンプ印不可)

▼父および母のマイナンバーが分かるもの

 

 

【所得限度額】

  小学校入学前児童 小・中学生     
扶養親族等の数 所得限度額    収入の目安 所得限度額 収入の目安
0人 5,320,000円 約7,244,000円 2,342,000円 約3,603,000円
1人 5,700,000円 約7,666,000円 2,722,000円 約4,079,000円
2人 6,080,000円 約8,088,000円 3,102,000円 約4,555,000円
3人 6,460,000円 約8,511,000円 3,482,000円 約5,027,000円
4人 6,840,000円 約8,933,000円 3,862,000円 約5,503,000円
5人 7,220,000円 約9,355,000円 4,242,000円 約5,979,000円
6人以上 1人につき38万円を加算 -  1人につき38万円を加算  

老人扶養親族又は

老人控除対象配偶者があるとき

1人につき6万円を加算 - 1人につき10万円を加算 -

特定扶養親族又は

16歳から18歳までの扶養親族があるとき

- - 1人につき15万円を加算 -

*1~6月に認定を受けるかたは前々年の所得、7~12月に認定を受けるかたは前年の所得で判定します。

 (父母のうち高いほうの所得のみで判定)

*扶養親族等の数とは、16歳未満のお子様の数と所得税法に規定する控除対象配偶者及び扶養親族の合計数をいいます。

*「収入の目安」は給与収入のみの場合の額であり、あくまでも目安です。

*国民健康保険に加入されている0歳児のお子様は、所得制限がありません。

*平成30年10月1日診療分から、小学校入学前児童に係る医療費の給付の所得制限が緩和されました。

 

【所得額について】

  

 給与所得者・・・給与所得控除後の金額-8万円-控除額

 事業所得者・・・必要経費控除後の金額-8万円-控除額

 

・控除額

  小学校入学前児童 小・中学生
区分 控除額 控除額
障害者控除 27万円 27万円
特別障害者控除 40万円 40万円
勤労学生控除 27万円 27万円
雑損・医療費・小規模共済等掛金 該当控除額 該当控除額
配偶者特別控除 - 該当控除額
寡婦・寡夫控除 27万円 -
特別寡婦控除 35万円 -

 

・上記のような各種控除がある場合は、所得金額からそれらを控除した額を所得額とします。

・所得額が所得限度額未満の場合は、給付を受けることができます。

・所得に関するお問い合わせ(対象になるか否か)は、お電話ではお受けできません。

 

***所得制限により該当にならなかった方***

毎年7月に所得の判定年度が切り替えとなります。所得超過により対象とならなかったかたでも、次の年に申請することにより対象となる場合があります。 

 

 

 

その他ご不明点は下記をご参照ください

  子ども医療費パンフレット.pdf(237KB)

  よくある質問.pdf(243KB)

お問い合わせ

子育て給付係
電話:0176-51-6716
ファクシミリ:0176-23-5114