年金生活者支援給付金制度について

2019年9月10日

制度の概要

 年金生活者支援給付金は、公的年金等の収入や所得額が一定基準以下の、年金受給者の生活を支援するために、年金に上乗せして支給されるものです。給付金を受け取るためには、請求書の提出が必要です。

 

対象となるかた

(1)老齢基礎年金を受給していて、以下の要件をすべて満たしているかた

  ・65歳以上である。

  ・世帯員全員が市民税非課税となっている。

   ・年金収入額とその他所得額の合計が約88万円以下である。

(2)障害基礎年金を受給していて、前年の所得額が約462万円以下であるかた。

(3)遺族基礎年金を受給していて、前年の所得額が約462万円以下であるかた。

   ※扶養親族がいる場合は種類や人数によって増額されます。

 

支給額

 支給額は、受給している年金の種類や納付額によって異なります。年金機構から送付される給付金申請書類に支給見込額が記載されています。

(1)老齢基礎年金を受給されているかた

   月額5,000円を基準として、給付金を受給されるかたの国民年金保険料を納付した月数と免除を受けた月数に応じて決定されます。

(2)障害基礎年金を受給されているかた

   障害基礎年金の等級によって決定されます

   1級…月額6,250円

   2級…月額5,000円

(3)遺族基礎年金を受給されているかた

   月額5,000円

   ※遺族基礎年金を受給している子が複数人いた場合は、月額5,000円を子の数で割った金額でそれぞれに支払われます。

請求方法 

(1)平成31年4月1以前から年金を受給しているかた

   対象となる方には、日本年金機構から請求手続きのご案内が9月上旬から順次届きます。同封のはがき「年金生活者支援給付金請求書」を記入し返送してください。

(2)平成31年4月2日以降に年金を受給しはじめたかた

   年金の請求手続きと併せて八戸年金事務所または市民課国民年金係で手続きをしてください。

 

支給時期

 令和元年10月1日施行のため、12月(10・11月分)から支給されます。支給要件を満たしている限り、継続的に受取ることができます。年金と同じ口座、同じ日に、年金とは別に振り込まれます。

 請求書提出期限を過ぎて令和2年以降に申請された場合、請求した月の翌月分から支給となるため、速やかな請求手続きをお願いいたします。

 

年金生活者支援給付金専用ダイヤル

 年金生活者支援給付金に関する一般的なお問い合わせは、下記のナビダイアルまでお問い合わせください。

TEL:0570‐05‐4092

受付時間:月曜日       8:30~19:00

       火~金曜日 8:30~17:15

       第二土曜日 9:30~16:00

 

 

お問い合わせ

国民年金係
電話:0176-51-6753