直装型作業機付きトラクターの公道走行について(規制緩和)

2019年10月8日

 農家の皆さん、日々の農作業お疲れ様です。

 

 このたび、ロータリー等の直装型作業機を装着した状態のトラクターが、一定の条件を満たした場合に公道走行が可能となりましたのでお知らせします。

 

 「一定の条件」とは、灯火器類、作業機の幅、最高速度、運転免許などです。

 ○灯火器類: 農作業機を装着しても、灯火器類(方向指示器など)が他の交通から確認できること

 ○作業機の幅: 作業機を装着した状態で、車両の幅が1.7mを超えていないこと

            1.7mを超えている場合はサイドミラーの設置をすること

 ○最高速度: 時速15km以下で走行すること

 ○免許の確認: 作業機を装着した状態で、車両の幅が1.7mを超える場合は、大型特殊免許が必要

 

 詳しくお知りになりたい方は、お近くの農機販売店にご確認ください。

 

 【農家向け】パンフレット.pdf(153KB)

 【詳細版】パンフレット.pdf(527KB)

お問い合わせ

水田政策係
電話:0176-51-6742