毒キノコによる食中毒に注意しましょう!

2019年10月10日

 例年、夏の終わりから秋にかけて、有毒な野生キノコを食用キノコと間違えて採取し、食べたことによる食中毒が多く発生しています。

 今年も食中毒になる事例が発生しています。

 秋の行楽シーズンを迎え、毒キノコの誤食による食中毒を防ぐため、次のことに気を付けましょう。

食用と確実に判断出来ないキノコは、絶対に「採らない」、「食べない」、「売らない」、「人にあげない」

 毒キノコの見分けは非常に難しく、簡単に見分ける方法はありません。

 毎年、同じ時期に同じ場所に生えているキノコでも、同じ種類とは限らないため、十分に注意してください。

 また、見分け方などに関する言い伝え(例:虫が食べた跡のあるキノコは食べてもよい。)は根拠がないものが多いため、信用しないようにしましょう。

今年発生した毒キノコによる食中毒

 原因となったキノコ : オオシロカラカサタケ

 概要 : 公園に自生してたキノコを採取し、自宅で食べたところ、食中毒の症状が出た。

 患者数 : 1名 

参考 

【厚生労働省HP】有毒植物による食中毒に注意しましょう

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/kinoko/index.html

 

【厚生労働省HP】自然毒のリスクプロファイル

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/poison/index.html

 

【青森県HP】毒キノコによる食中毒に注意しましょう!

https://www.pref.aomori.lg.jp/life/shoku/toadstool.html

 

 

お問い合わせ

健康管理係
電話:0176-51-6790