十和田市民間建築物アスベスト分析調査事業のご案内

2019年11月1日

 

  市が調査員を派遣し、建物内の吹付け建材について、アスベスト分析調査を実施し、アスベスト含有の有無を調査します。(社会資本整備総合交付金事業)

 

 

 対象建築物

 

  分析調査の対象となる建築物は、市内に存する建築物のうち次に掲げる要件の全てに該当するものとします。

 

  ⑴ 青森県アスベスト調査台帳に記載されているもの

   ※記載の有無については、お問い合わせください。

 

  ⑵ 調査者の派遣を受けることができる者以外の者が入居している区分所有建築物、共同住宅等にあっては、当該入居者の合意があるもの

 

  ⑶ 分析調査に関し、国庫補助金等の交付を受けていないもの

 

 

 対象者

 

  調査者の派遣を受けることができる者は、次に掲げる要件全てに該当するものとします。

 

  ⑴ 建築物の所有者、建物の区分所有等に関する法律第2条第2項に規定する区分所有者(自ら所有する専有部分に係る派遣に限る。)、同法第3条若しくは第65条に規定する団体又は同法第47条第1項に規定する法人

 

  ⑵ 国、地方公共団体その他これらに準ずる団体以外の者

 

  ⑶ 十和田市の市税を滞納していない者

 

  ⑷ 十和田市暴力団排除条例第2条第3号に規定する暴力団員及び暴力団員と密接な関係を有する者(関係事業者を含む。)に該当しない者

 

 

 募集件数

 

  3件

  ※応募者多数の場合は抽選とします。

 

 

 募集期限

 

  令和元年12月27日(金)まで

  ※募集件数に達したら、募集を締め切ります。

 

 

 調査費用限度額

 

  1棟あたり25万円

  ※超過費用は申請者負担となります。

 

 

 必要書類

 

  調査者の派遣を受けようとする者は、以下の書類を提出しなければならない。

 

  ⑴ 申請書(様式第1号)

    申請書.docx(23KB)  

 

  ⑵ ・ 申請者が個人の場合、住民票(発行から3か月以内のもの)

     ・ 申請者が法人の場合、法人の登記事項証明書(発行から3か月以内の全部事項証明書)

     ・ 申請者が法人格を有しない団体の場合、代表者の住民票(発行から3か月以内のもの)

 

  ⑶ ・ 申請者が個人又は法人の場合、市税の滞納がない証明書(発行から3か月以内のもの)

     ・ 申請者が法人格を有しない団体の場合、本市に納税義務がない旨の申出書(参考様式)

    十和田市に納税義務がない旨の申出書.docx(17KB)

 

  ⑷ 建築物の登記事項証明書(発行から3か月以内の全部事項証明書)

 

  ⑸ 対象建築物の現況図面(所在地及び吹付けアスベスト等の施工箇所を示すもの)

 

  ⑹ 対象建築物の現況写真(外観及び可能であれば吹付けアスベスト等の種類が判別できるもの)

 

  ⑺ 申請者以外の者が入居している建築物(区分所有建築物、共同住宅等)の場合、入居者、区分所有者等の合意がある旨の申出書(参考様式)

    入居者、区分所有者等の合意がある旨の申出書.docx(17KB)

 

  そのほか、必要に応じて上記以外の書類を求める場合があります。

  また、申請は棟ごとに行うものとします。

 

 

 提出先

 

  十和田市 建設部 都市整備建築課 建築住宅係(市役所 別館2階)

 

 

 その他

 

  ⑴ 実施要綱

    実施要綱.pdf(145KB)

 

  ⑵ パンフレット

    パンフレット.pdf(388KB)

 

  ⑶ 手続きの流れ(フロー)

    手続きの流れ.pdf(219KB)

 

  ⑷ 取下申請書(様式第5号)

    取下申請書.docx(20KB)

   ※申請を取り下げる場合に使用します。ただし、取下申請した場合において、既に調査者による分析調査が実施されていたときは、調査に要した費用相当額をお支払いいただきます。

 

 

  そのほか、不明な点はお問い合わせください。 

 

 

お問い合わせ

建築住宅係
電話:0176-51-6738
ファクシミリ:0176-21-3533