工事等を行う場合は遺跡の確認をお願いします。

2020年5月14日

遺跡(埋蔵文化財包蔵地)の範囲内で工事等をする場合は届出が必要です

 十和田市には、170か所以上の遺跡(周知の埋蔵文化財包蔵地)が存在します。遺跡は地域の歴史や文化を伝える貴重な文化遺産です。

 遺跡の保護のため、土木工事等の開発行為を計画している場合は、事前に遺跡の有無についてご確認くださるようお願いします。

 該当する場合には、文化財保護法により工事着手の60日前までに届出が必要となります。

遺跡の確認が必要なとき

 遺跡の範囲内で、住宅の新築・建て替えや宅地の造成、建物の解体など、土地の形状を変更するような掘削を伴う工事を行う場合は確認が必要です。場合によっては、発掘調査が必要な場合もでてきますので早めの確認をお願いいたします。

遺跡の確認方法について

●窓口

・工事計画地の地図をスポーツ・生涯学習課文化係(市役所別館3階)へお持ちください。
・計画図面がある場合は合わせてご持参ください。

 

●FAX

・工事計画地の地図と連絡先を下記までお送りください。
・十和田市教育委員会スポーツ・生涯学習課文化係あて ファックス  0176-24-3954

 

●遺跡の範囲について(参考)

青森県のホームページ「青森県遺跡地図」で遺跡の範囲について公開していますので参考としてください。

※遺跡が新たに発見される場合や範囲が変更される場合もありますので、必ず、スポーツ・生涯学習課文化係まで確認をお願いします。

遺跡を新たに発見した場合は?

 工事中などに新たな遺跡を発見した場合は、現状を変えることなく工事を中断し、速やかにスポーツ・生涯学習課文化係までお知らせください。

 

お問い合わせ

文化係
電話:0176-58-0184
ファクシミリ:0176-24-3954