○十和田市交通安全条例

平成17年1月1日

条例第20号

(目的)

第1条 この条例は、市における交通安全の確保に関する基本的理念と施策の基本を定めることにより、市民の福祉の増進に寄与することを目的とする。

(基本理念)

第2条 尊い人命と大切な財産を交通事故から守り、市民の安全で明るい生活の実現を期するため、交通安全の確保は、現在及び将来にわたって維持されなければならない。

(市の責務)

第3条 市は、市民の交通安全意識の高揚及び交通安全を確保するため、啓発活動、道路交通環境整備等の総合的な交通安全施策の実施に努めなければならない。

2 市は、前項の交通安全施策の実施に当たっては、国、県、警察その他の関係機関及び関係団体と緊密な連携を図らなければならない。

(市民の責務)

第4条 市民は、日常生活を通じて自主的かつ積極的に交通安全意識及び交通道徳の向上に努めなければならない。

2 市民は、交通安全に関する法令を誠実に遵守するとともに、市が実施する交通安全施策に協力しなければならない。

(交通安全教育の推進)

第5条 市長は、交通安全意識の高揚を図るため、交通安全教育を推進するものとする。

2 市民は、交通の実態から起こる危険性を認識し、進んで交通安全の知識を習得するよう努めなければならない。

(交通安全対策会議の設置)

第6条 交通安全対策基本法(昭和45年法律第110号)第18条第1項の規定に基づき、十和田市交通安全対策会議(以下「対策会議」という。)を設置する。

2 対策会議は、次に掲げる事務をつかさどる。

(1) 十和田市交通安全計画の作成及びその実施の推進に関すること。

(2) 前号に掲げるもののほか、市の区域における交通の安全に関する総合的な施策の企画に関する審議及びその施策の実施の推進に関すること。

3 対策会議は、会長及び委員をもって組織する。

4 会長は、市長をもって充てる。

5 委員は、市長が任命し、その定数は、20人以内とする。

(広報の実施及び情報の提供)

第7条 市長は、交通安全に関する広報活動を積極的に行うほか、必要な情報を提供するものとする。

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成17年1月1日から施行する。

十和田市交通安全条例

平成17年1月1日 条例第20号

(平成17年1月1日施行)