○十和田市奥入瀬川の清流を守る条例施行規則

平成17年1月1日

規則第127号

(趣旨)

第1条 この規則は、十和田市奥入瀬川の清流を守る条例(平成17年十和田市条例第143号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(水質環境基準の目標値)

第2条 条例第10条に規定する水質環境基準の目標値は、次表に掲げるとおりとする。

水域

水素イオン濃度(pH)

生物化学的酸素要求量(BOD)

浮遊物質量(SS)

溶存酸素量(DO)

大腸菌群数

蔦川合流点から幸運橋まで

6.5以上8.5以下

2mg/l以下

25mg/l以下

7.5mg/l以上

1,000MPN/100ml以下

(清流指導隊員の権限)

第3条 条例第12条に規定する奥入瀬川清流指導隊員(以下「清流指導隊員」という。)は、立入調査等特別な権限を有しない。

(清流指導隊員の解任)

第4条 市長は、清流指導隊員が次の各号のいずれかに該当するときは、解任することができる。

(1) 本人から辞職の申出があったとき、又は心身の故障のため職務を遂行できないとき。

(2) その他市長が清流指導隊員として不適当と認めたとき。

(清流指導隊員の補充)

第5条 市長は、清流指導隊員を解任したときは、後任の清流指導隊員を委嘱するものとする。

2 後任の清流指導隊員の任期は、前任者の残任期間とする。

(身分証明書)

第6条 市長は、清流指導隊員に身分証明書(別記様式)を交付するものとする。

(清流指導隊員に関する庶務)

第7条 清流指導隊員に関する庶務は、環境保全に関する事務を所掌する課において行う。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が定める。

附 則

この規則は、平成17年1月1日から施行する。

画像

十和田市奥入瀬川の清流を守る条例施行規則

平成17年1月1日 規則第127号

(平成17年1月1日施行)