○十和田市営土地改良事業賦課金等徴収条例施行規則

平成17年1月1日

規則第133号

(賦課金の額の決定通知)

第2条 市長は、条例第2条の規定により徴収する賦課金の額を定めたときは、市営土地改良事業賦課金決定通知書(様式第1号)により、賦課金の徴収を受ける者(以下「被徴収者」という。)に通知する。

(賦課金の分割納付)

第3条 条例第4条ただし書の規定により、賦課金の分割納付の申出をしようとする者は、前条の通知を受けた日から14日以内に市営土地改良事業賦課金分割納付申出書(様式第2号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申出書を受理した場合において、分割納付を適当と認めたときは、市営土地改良事業賦課金分割納付承認通知書(様式第3号)により、被徴収者に通知する。

(賦課金の減免又は徴収猶予)

第4条 条例第6条の規定による賦課金の減額若しくは免除又は徴収の猶予を受けようとする者は、市営土地改良事業賦課金減免(徴収猶予)申請書(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請書を受理した場合において、減額若しくは免除又は徴収の猶予を適当と認めたときは、市営土地改良事業賦課金減免(徴収猶予)決定通知書(様式第5号)により、被徴収者に通知する。

(特別徴収金)

第5条 市長は、条例第7条第1項の規定により徴収する特別徴収金の額を定めたときは、市営土地改良事業特別徴収金決定通知書(様式第6号)により、特別徴収金の徴収を受ける者に通知する。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の十和田市営土地改良事業賦課金等徴収条例施行規則(昭和56年十和田市規則第5号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年規則第186号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成28年規則第12号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

(平28規則12・全改)

画像

画像

画像

画像

画像

(平28規則12・全改)

画像

十和田市営土地改良事業賦課金等徴収条例施行規則

平成17年1月1日 規則第133号

(平成28年4月1日施行)