○十和田市職業能力開発校条例

平成17年1月1日

条例第169号

(趣旨)

第1条 この条例は、職業能力開発促進法(昭和44年法律第64号。以下「法」という。)第16条第2項の規定に基づき十和田市職業能力開発校(以下「能力開発校」という。)の設置及び管理について必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 労働者の職業訓練及び職業能力の充実強化を図り、もって労働者の職業能力の開発の促進と地位の向上に資するため、能力開発校を設置する。

(名称及び位置)

第3条 能力開発校の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

十和田職業能力開発校

十和田市大字三本木字千歳森292番地7

(使用者の範囲)

第4条 能力開発校は、法第24条第1項の認定を受けた事業主等が認定職業訓練を行う場合に限り使用することができる。

(指定管理者による管理)

第5条 市長は、指定管理者(地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)に能力開発校の管理を行わせることができる。

(平17条例289・全改)

(指定管理者の管理の基準及び業務の範囲)

第6条 前条の規定により指定管理者に能力開発校の管理を行わせることとした場合は、指定管理者は、次に掲げる業務を行うとともに、法令、条例、規則その他市長の定めるところに従い、能力開発校の管理を行わなければならない。

(1) 能力開発校の使用に関する業務

(2) 能力開発校の施設、設備等の維持管理に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める業務

(平17条例289・追加)

(委任)

第7条 この条例の施行について必要な事項は、市長が別に定める。

(平17条例289・旧第6条繰下)

附 則

この条例は、平成17年1月1日から施行する。

附 則(平成17年条例第289号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

十和田市職業能力開発校条例

平成17年1月1日 条例第169号

(平成18年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第3章 商工・労政
沿革情報
平成17年1月1日 条例第169号
平成17年9月28日 条例第289号