○十和田市林道管理規則

平成19年3月13日

規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、十和田市が管理する林道の保全及び通行の安全を図るため、法令及び林道規程(昭和48年4月1日付け48林野道第107号林野庁長官通知)に定めるもののほか必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において「林道」とは、市長が民有林林道台帳(林道規程第7条及び民有林林道台帳について(平成8年5月16日付け8林野基第158号林野庁長官通知)に規定するものをいう。)に登録した林道のうち、十和田市が管理するものをいう。

(管理者)

第3条 林道の管理者は、市長とする。

(管理義務)

第4条 市長は、林道を常に良好な状態に保つよう維持及び修繕を行い、林道の管理に努めるものとする。

(標識)

第5条 市長は、林道の起点及び終点を示す標識を設置するものとする。

2 市長は、通行の安全と円滑を図るため必要に応じ標識を設置するものとする。

(禁止行為)

第6条 林道の利用者は、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 林道及び林道附帯施設を損傷し、又は汚損すること。

(2) みだりに林道に木材、土砂等を堆積し、その他林道の構造又は通行に支障を及ぼすおそれのある行為をすること。

(通行の禁止又は制限)

第7条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、林道の構造を保全し、又は通行の危険を防止するため、区間を定めて、林道の通行を禁止し、又は制限することができる。

(1) 林道の破損、欠壊その他の事由により通行が危険であると認めるとき。

(2) 林道に関する工事のため、やむを得ないと認めるとき。

(3) その他市長が必要と認めるとき。

(使用の許可)

第8条 林道に、次に掲げる工作物又は施設を設置し、継続して林道を使用しようとする者は、十和田市財産規則(平成17年十和田市規則第78号)第15条の規定による行政財産の使用の許可を受けなければならない。

(1) 林産物及び土石の集積場又は積載施設

(2) 工事用施設又は工事用材料置場

(3) 電柱又は電線

(4) 用排水路、導水管又は排水管

(5) 前各号に掲げる工作物又は施設に類するもの

2 市長は、前項の許可を与える場合において、管理上必要な条件を付することができる。

(使用許可の取消し等)

第9条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、林道の使用の条件を変更し、又はその使用を停止し、若しくは使用の許可を取り消すことができる。

(1) この規則又は使用の許可の条件に違反したとき。

(2) 偽りその他不正の行為により使用の許可を受けたとき。

(3) 使用料を滞納したとき。

(4) 公益上やむを得ない理由が生じたとき。

2 前項の規定により使用の条件を変更し、又は使用を停止し、若しくは使用の許可を取り消した場合において、当該変更、停止又は取消しにより、前条の規定により使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)が損害を受けることがあっても市はこれを賠償しない。

(原状回復)

第10条 使用者は、使用の期間が満了したとき又は使用をやめたとき若しくは使用の許可を取り消されたときは、直ちに設置した工作物又は施設を除去し、林道を原状に回復しなければならない。

2 市長は、前項の規定により原状に回復させることが適当でないと認めたときは、使用者に対し、その措置について必要な指示を行うものとする。

(災害に対する措置)

第11条 市長は、林道が災害により被災したときは、速やかに必要な措置を講ずるものとする。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、十和田市財産規則の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

十和田市林道管理規則

平成19年3月13日 規則第2号

(平成19年4月1日施行)