○十和田市市民の家条例施行規則

平成19年3月23日

規則第4号

(趣旨)

第1条 この規則は、十和田市市民の家条例(平成17年十和田市条例第175号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(休館日)

第2条 十和田市市民の家(以下「市民の家」という。)の休館日は、次に掲げるとおりとする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、これを変更し、又は臨時に休館することができる。

(1) 毎月第3水曜日(この日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に当たるときは、その翌日)

(2) 1月1日及び12月31日

(平23規則46・全改)

(開館時間等)

第3条 市民の家の開館時間は、午前9時から午後9時までとする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(使用の許可の申請)

第4条 条例第4条第1項の規定により市民の家の使用の許可を受けようとするときは、浴場施設を使用する者にあっては事前に口頭により、集会室を使用しようとする者にあっては使用日の3日前までに使用許可申請書(様式第1号)により、それぞれ申請しなければならない。

(平20規則16・全改)

(使用許可書の交付等)

第5条 市長は、前条の規定による浴場施設の使用の許可の申請があった場合において使用の許可をするときは、入場券を交付するものとする。ただし、小学生未満の者が浴場施設を使用をするときの許可にあっては、入場券の交付を省略することができる。

2 市長は、前条の規定による集会室の使用許可申請書の提出があったときは、その使用の目的及び内容を審査し、適当と認めたときは、使用許可書(様式第2号)を当該申請をした者に交付するものとする。

3 前項の規定による使用許可書の交付を受けた者(以下「使用者」という。)は、集会室の使用の際には使用許可書を携帯し、市民の家の係員から要求があったときは、これを提示しなければならない。

(平20規則16・全改)

(使用の許可事項の変更等)

第6条 使用者は、条例第4条第2項の規定により許可を受けた事項を変更しようとするときは、使用許可事項変更承認申請書(様式第3号)に既に交付されている使用許可書を添付し、市長の許可を受けなければならない。

2 市長は、前項の申請書の提出があったときは、その内容を審査し、適当と認めたときは、使用許可事項変更許可書(様式第4号)を当該申請をした者に交付するものとする。

(平20規則16・追加)

(使用料の減免)

第7条 条例第6条の規定により減額し、又は免除する使用料の額は、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、当該各号に定める額とする。

(1) 市が主催し、又は共催する行事に使用する場合 使用料の全額

(2) 次条の規定による減免対象団体の認定を受けた団体が、その目約達成のために集会室を使用する場合 使用料の全額

(3) 前2号に掲げるもののほか市長が特に必要があると認める場合 市長が定める額

2 使用料の減額又は免除を受けようとするものは、減免申請書(様式第5号)を市長に提出しなければならない。ただし、次条の規定による減免対象団体の認定を受けた場合にあっては、この限りでない。

3 市長は、前項の規定による申請書の提出があったときは、その内容を審査し、使用料の減額又は免除を決定したときは、減免決定通知書(様式第6号)を当該申請をした者に交付するものとする。

(平20規則16・追加、平24規則22・一部改正)

(減免対象団体の認定等)

第8条 市長は、収益を目的をしない団体で次の各号のいずれかに該当するものを減免対象団体として認定することができる。

(1) 市民の家周辺において地域的活動を行う町内会、子ども会及び婦人会並びにこれらに類する団体

(2) 市に居住する60歳以上の者で構成する老人福祉の増進を図る団体

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が特に認める団体

2 前項の規定による減免対象団体の認定を受けようとする団体は、あらかじめ減免対象団体認定申請書(様式第7号)を市長に提出しなければならない。

3 市長は、前項の規定による申請書の提出があったときは、その目的及び内容を審査し、適当と認めたときは、減免対象団体認定書(様式第8号)を、当該申請をした団体に交付するものとする。

4 減免対象団体の認定の期間は、減免対象団体認定書の交付の日から交付した日の属する年度の3月31日までとする。

(平20規則16・追加)

(使用料の還付)

第9条 条例第7条ただし書の規定により還付する集会室の使用料の額は、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、当該各号に定める額とする。

(1) 使用者の責めに帰さない理由により使用することができなくなった場合 使用料の全額

(2) 使用日の2日前までに使用許可取消届の提出があった場合 使用料の半額

2 使用料の還付を受けようとする者は、使用料還付申請書(様式第9号)を市長に提出しなければならない。

3 市長は、前項の規定による申請書の提出があったときは、その内容を審査し、使用料の還付を決定したときは、使用料還付決定通知書(様式第10号)を当該申請をした者に通知するものとする。

(平20規則16・追加)

(許可の取消し等)

第10条 市長は、条例第8条の規定により使用の許可を取り消し、又は使用を停止させる場合は、その理由を付して使用者に通知するものとする。

(平20規則16・追加)

(使用の取りやめの届出)

第11条 使用者が市民の家の集会室の使用を取りやめるときは、使用取消届(様式第11号)に既に交付されている使用許可書を添付し、市長に届け出なければならない。

(平20規則16・追加)

(遵守事項)

第12条 使用者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 火災及び盗難の防止等に留意し、市民の家における秩序を維持すること。

(2) 市民の家の衛生管理に留意し、常に清潔に保つこと。

(3) 市民の家の係員の指示に従うこと。

(平20規則16・旧第6条繰下)

(損傷等の届出)

第13条 条例第11条に規定する市民の家の施設、設備等を損傷し、汚損し、又は滅失した者は、直ちに市民の家損傷等届(様式第12号)により市長に届け出なければならない。

(平20規則16・旧第7条繰下・一部改正)

附 則

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年規則第16号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成23年規則第46号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年規則第22号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

(平20規則16・追加)

画像

(平20規則16・追加)

画像

(平20規則16・追加)

画像

(平20規則16・追加)

画像

(平20規則16・追加)

画像

(平20規則16・追加)

画像

(平20規則16・追加)

画像

(平20規則16・追加)

画像

(平20規則16・追加)

画像

(平20規則16・追加)

画像

(平20規則16・追加)

画像

(平20規則16・旧別記様式・一部改正)

画像

十和田市市民の家条例施行規則

平成19年3月23日 規則第4号

(平成24年4月1日施行)