○十和田市交通遺児援護金の支給に関する要綱

平成17年1月1日

訓令第92号

(趣旨)

第1条 この要綱は、交通事故によって父又は母を失った交通遺児に対する交通遺児援護金(以下「援護金」という。)の支給について、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 交通事故 車両(道路交通法(昭和35年法律第105号)第2条第1項第8号に規定する車両をいう。)の運行によって生じた人身事故をいう。

(2) 交通遺児 交通事故により父又は母を失った義務教育終了前の者であって、十和田市内に住所を有するものをいう。

(3) 保護者 交通遺児の父母又は親権者、後見人その他の者で現に交通遺児を養育するものをいう。

(交通遺児の認定)

第3条 市長は、関係機関等からの交通事故の通知等に基づき、必要な調査を行い、交通遺児の認定を行うものとする。

(援護金の支給)

第4条 援護金は、毎年1月1日を基準日として交通遺児を認定し、当該交通遺児の保護者に対し、支給する。

2 援護金の支給は、年1回とする。

3 第1項の規定にかかわらず、初めて援護金を支給する場合は、前条の認定を速やかに行い、支給するものとする。

(援護金の額)

第5条 援護金の額は、1万5,000円とする。

(その他)

第6条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、市長が定める。

附 則

この要綱は、平成17年1月1日から施行する。

十和田市交通遺児援護金の支給に関する要綱

平成17年1月1日 訓令第92号

(平成17年1月1日施行)

体系情報
第7編 市民生活/第3章 生活安全
沿革情報
平成17年1月1日 訓令第92号