○十和田市職員の再任用に関する取扱要綱

平成17年1月1日

訓令第39号

(趣旨)

第1条 この要綱は、別に定めるものを除くほか、職員の再任用に関し、必要な事項を定めるものとする。

(再任用職員数)

第2条 再任用職員数は、市長が定める。

(再任用職員の給料表等)

第3条 再任用職員の給料表、職務の名称及び職務の級は、別表第1のとおりとする。

2 前項の職務の級の決定に当たっては、定年退職時に当該職員に適用されていた次の各号に掲げる給料表に応じ、当該各号に定める職務の級にすることを原則とする。

(1) 行政職給料表(十和田地域広域事務組合職員の給与に関する条例(平成10年十和田地域広域事務組合条例第21号。以下「広域給与条例」という。)に規定する行政職給料表を含む。)及び医療職給料表(3) 定年退職時の職務の級の2級下位の職務の級。ただし、当該職務の級が1級となる場合は、2級の職務の級

(2) 消防職給料表(広域給与条例に規定する消防職給料表をいう。) 定年退職時の職務の級の2級下位の行政職給料表の職務の級。ただし、当該職務の級が1級となる場合は、2級の職務の級

(3) 単労職給料表 定年退職時の職務の級にかかわらず、2級の職務の級

3 定年退職時において十和田市企業職員の給与の種類及び基準を定める条例(平成17年十和田市条例第203号)又は十和田市病院事業職員の給与の種類及び基準を定める条例(平成22年十和田市条例第29号)の適用を受けていた職員に係る前項の規定の適用については、当該定年退職時に適用されていた給料表に相当する前項各号の給料表に応じ決定するものとする。

(平26訓令7・全改、平27訓令4・平28訓令10・平30訓令16・一部改正)

(職名及び職務)

第4条 再任用職員の職務は、別表第2の左欄に掲げる職務の名称に応じ、同表右欄に掲げるとおりとする。

(平26訓令7・追加)

(再任用願の提出)

第5条 十和田市職員の再任用に関する条例施行規則(平成17年十和田市規則第39号。以下「規則」という。)第3条第1項の再任用願は、再任用となる日の8か月前までに、市長に提出するものとする。

(平22訓令36・一部改正、平26訓令7・旧第4条繰下)

(選考の方法及び基準)

第6条 規則第3条第2項の選考の方法は、書面審査、健康審査及び面接審査のうちから2つ以上を組み合わせて行うものとし、選考の基準は、次に掲げるものによるものとする。

(1) 勤務意欲

(2) 過去2年間における懲戒処分及び処分の状況。ただし、既に退職している職員にあっては、退職日前2年間における懲戒処分及び処分の状況

(3) 過去2年間における勤務成績。ただし、既に退職している職員にあっては、退職日前2年間における勤務成績

(4) 健康状態

(5) 職務への適性

2 前項に規定する健康診査は、定期健康診断等の結果によるものとする。ただし、市長は、必要があると認めるときは、職員に医師の診断を受けることを求めることができる。

(平26訓令7・旧第5条繰下、平30訓令16・一部改正)

(再任用任期更新同意書の徴取)

第7条 市長は、再任用となる日の8か月前までに、再任用職員から規則第4条第2項の再任用任期更新同意書を徴するものとする。

(平22訓令36・一部改正、平26訓令7・旧第6条繰下)

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成17年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱の施行の日の前日までに、合併前の十和田市職員の再任用に関する取扱要綱(平成13年9月21日制定)の規定によりなされた手続その他の行為は、この要綱の相当規定によりなされたものとみなす。

(消防職の職員の再任用に関する特例)

3 十和田地域広域事務組合職員の初任給、昇格、昇給等の基準に関する規則の一部を改正する規則(平成25年十和田地域広域事務組合規則第6号)附則第3項に規定する高度の知識経験を必要とする業務を行う参事、副署長、出張所長及び総括主幹、同附則第4項に規定する高度の知識経験を必要とする業務を行う課長及び消防署長並びに同附則第5項に規定する高度の知識経験を必要とする業務を行う次長であった者に係る改正後の十和田市職員の再任用に関する取扱要綱第3条第2項第2号の規定の適用については、同号中「2級下位の行政職給料表の職務の級。ただし、当該職務の級が1級となる場合は、2級の職務の級」とあるのは、「3級下位の行政職給料表の職務の級」と読み替えるものとする。

(平30訓令16・全改)

附 則(平成18年訓令第17号)

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成22年訓令第36号)

この要綱は、平成22年7月1日から施行する。

附 則(平成26年訓令第7号)

この要綱は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年訓令第4号)

この要綱は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年訓令第10号)

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成30年訓令第16号)

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

附 則(平成31年訓令第8号)

(施行期日)

1 この要綱は、平成31年4月1日から施行する。

別表第1(第3条関係)

(平26訓令7・全改、平27訓令4・平30訓令16・平31訓令8・一部改正)

給料表

職務の名称

職務の級

行政職給料表

総括主事

2級

総括主査

3級

推進監

4級

副参事

5級

医療職給料表(3)

保健師又は看護師

2級

主任保健師又は主任看護師

3級

単労職給料表

技能技師又は技能主事

2級

別表第2(第4条関係)

(平26訓令7・全改、平27訓令4・平28訓令10・平31訓令8・一部改正)

職務の名称

職務

副参事

上司の命を受け、課の特に重要な事務を整理するとともに、課長及び課長補佐がともに不在の場合は、課長の事務を代決する。

推進監

上司の命を受け、課の重要な事務及び係の特に重要な事務を整理する。

総括主査

上司の命を受け、係の重要な事務を処理する。

主任保健師又は主任看護師

上司の命を受け、係の特定の保健師業務又は看護師業務を整理する。

総括主事

上司の命を受け、事務に従事する。

保健師又は看護師

上司の命を受け、保健師業務又は看護師業務に従事する。

技能技師又は技能主事

上司の命を受け、技術的業務又は労務的業務に従事する。

十和田市職員の再任用に関する取扱要綱

平成17年1月1日 訓令第39号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第1章 定数・任用
沿革情報
平成17年1月1日 訓令第39号
平成18年3月31日 訓令第17号
平成22年6月30日 訓令第36号
平成26年3月31日 訓令第7号
平成27年3月31日 訓令第4号
平成28年3月31日 訓令第10号
平成30年3月30日 訓令第16号
平成31年3月29日 訓令第8号
令和元年6月20日 訓令第13号