○十和田奥入瀬観光大使設置要綱

平成22年4月5日

制定

(趣旨)

第1条 この要綱は、十和田市(以下「市」という。)の豊かな自然と観光資源の魅力に関する情報等を発信し、市のイメージアップと観光振興を図るため設置する十和田奥入瀬観光大使(以下「観光大使」という。)について必要な事項を定めるためのものである。

(活動等)

第2条 観光大使は、次に掲げる活動を行うものとする。

(1) 市のイメージアップにつながる紹介及び宣伝に関すること。

(2) 市の観光及び発展に寄与する情報の提供に関すること。

(3) 市の要請によるイベント等への出席に関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、観光大使として必要な活動に関すること。

2 市は、観光大使が前項の活動を行うため、観光宣伝効果が見込まれる特色ある名刺や市の観光情報を提供するなど必要な便宜を図るよう努めるものとする。

(対象者)

第3条 観光大使は、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 青森県内外において、市の魅力及び情報を積極的に発信する機会を有する者

(2) 産業、歴史・文化、芸術、スポーツ、教育の各分野において、市とゆかりのある者

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める者

(委嘱)

第4条 観光大使は、前条の規定に定める者のうちから、本人の同意を得て市長が委嘱する。

2 観光大使を委嘱したときは、委嘱状を交付する。

3 観光大使は、10人以内とする。

(任期)

第5条 観光大使の任期は、2年とする。ただし、観光大使から申し出があった場合は、この限りでない。

2 市長は、任期中において特別な事由があったときは、観光大使の委嘱を解くことができる。

(報酬)

第6条 観光大使に対する報酬は支給しない。

(庶務)

第7条 観光大使に関する庶務は、観光主管課において処理する。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成22年4月5日から施行する。

附 則(平成23年9月14日)

この要綱は、平成23年9月14日から施行する。

十和田奥入瀬観光大使設置要綱

平成22年4月5日 制定

(平成23年9月14日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第4章
沿革情報
平成22年4月5日 制定
平成23年9月14日 種別なし