○十和田市農業委員会の委員の候補者の選考等に関する規則

平成28年12月16日

規則第46号

(趣旨)

第1条 この規則は、農業委員会の委員(以下「委員」という。)の候補者の選考等に関し、農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第88号。以下「法」という。)、農業委員会等に関する法律施行規則(昭和26年農林省令第23号。以下「省令」という。)及び十和田市農業委員会の委員及び農地利用最適化推進委員の定数等に関する条例(平成28年十和田市条例第39号。以下「条例」という。)に規定するもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(推薦及び応募の資格)

第2条 委員の候補者として推薦を受け、又は募集に応募する者は、委員の任命予定日において、次の各号のいずれにも該当するものとする。

(1) 法第8条第4項の規定に該当しない者

(2) 満20歳以上である者

(3) 十和田市職員でない者(地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項に規定する特別職の職員である者を除く。)

(推薦又は応募の手続等)

第3条 省令第5条第1項に規定する書類は、農業委員会の委員推薦・応募書(様式第1号。以下「推薦・応募書」という。)とする。

2 推薦・応募書には、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、当該各号に定める書類を添付しなければならない。

(1) 推薦をする場合 次に掲げる書類

 同意書(様式第2号)

 農業委員会の委員候補者推薦承諾書(様式第3号)

 推薦を受ける者の住民票の写し

 法人又は団体が推薦する場合にあっては、当該法人又は団体の規約等の写し

 推薦を受ける者が認定農業者等である場合にあっては、農業経営改善計画認定書の写し

 その他市長が必要と認める書類

(2) 募集に応募する場合 次に掲げる書類

 同意書(様式第2号)

 募集に応募する者の住民票の写し

 募集に応募する者が認定農業者等である場合にあっては、農業経営改善計画認定書の写し

 その他市長が必要と認める書類

3 法第9条第1項の規定による委員の候補者の推薦は、推薦日において満20歳以上の者3人以上によりしなければならない。ただし、法人又は団体が推薦する場合は、この限りでない。

(推薦の求め又は募集の期間)

第4条 委員の候補者の推薦の求め及び募集の期間は、概ね1か月とする。

2 前項の期間内に委員の候補者の推薦を受けた者及び募集に応募した者の数が、条例第2条に規定する委員の定数に満たなかったときは、同項の期間を延長するものとする。この場合において、延長する期間は概ね2週間とし、期間の延長の回数は1回とする。

(委員の候補者の決定)

第5条 市長は、条例第4条に規定する十和田市農業委員会委員候補者選考委員会の答申を尊重して、委員の候補者を決定するものとする。

(委員の補充の手続)

第6条 市長は、罷免、失職、辞任又は死亡により委員の欠員の総数が条例第2条に規定する定数の6分の1を超えたときは、速やかに、補欠の委員を任命するための手続をとるものとする。

2 前項の規定は、同項に規定する要件に該当しない場合において補欠の委員を任命するための手続をとることを妨げるものではない。

(委任)

第7条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像画像画像

画像

画像

十和田市農業委員会の委員の候補者の選考等に関する規則

平成28年12月16日 規則第46号

(平成28年12月16日施行)