○十和田市農地利用最適化推進委員の候補者の選考等に関する規程

平成28年12月16日

農業委員会訓令第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、農地利用最適化推進委員(以下「推進委員」という。)の候補者の選考等に関し、農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第88号。以下「法」という。)、農業委員会等に関する法律施行規則(昭和26年農林省令第23号。以下「省令」という。)及び十和田市農業委員会の委員及び農地利用最適化推進委員の定数等に関する条例(平成28年十和田市条例第39号。以下「条例」という。)に規定するもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(担当区域及び担当区域ごとの定数)

第2条 法第17条第2項に規定する各推進委員が担当する区域(以下「担当区域」という。)及び担当区域ごとの推進委員の定数は、別表のとおりとする。

(推薦及び応募の資格)

第3条 推進委員の候補者として推薦を受け、又は募集に応募する者は、推進委員の委嘱予定日において、次の各号のいずれにも該当するものとする。

(1) 法第18条第4項の規定に該当しない者

(2) 満20歳以上である者

(3) 十和田市職員でない者(地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項に規定する特別職の職員である者を除く。)

(推薦又は応募の手続等)

第4条 省令第11条第1項に規定する書類は、農地利用最適化推進委員推薦・応募書(様式第1号。以下「推薦・応募書」という。)とする。

2 推薦・応募書には、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、当該各号に定める書類を添付しなければならない。ただし、省令第4条第2項の規定により、同時に農業委員会の委員の推薦を受け、又は募集に応募する場合は、第1号ウ又は第2号イに掲げる書類の添付を省略することができる。

(1) 推薦をする場合 次に掲げる書類

 同意書(様式第2号)

 農地利用最適化推進委員候補者推薦承諾書(様式第3号)

 推薦を受ける者の住民票の写し

 法人又は団体が推薦する場合にあっては、当該法人又は団体の規約等の写し

 その他農業委員会が必要と認める書類

(2) 募集に応募する場合 次に掲げる書類

 同意書(様式第2号)

 募集に応募する者の住民票の写し

 その他農業委員会が必要と認める書類

3 法第19条第1項の規定による推進委員の候補者の推薦は、推薦日において満20歳以上の者3人以上によりしなければならない。ただし、法人又は団体が推薦する場合は、この限りでない。

(推薦の求め又は募集の期間)

第5条 推進委員の候補者の推薦の求め及び募集の期間は、概ね1か月とする。

2 前項の期間内に推進委員の候補者の推薦を受けた者及び募集に応募した者の数が、第2条に規定する担当区域ごとの推進委員の定数に満たなかったときは、同項の期間を延長するものとする。この場合において、延長する期間は概ね2週間とし、期間の延長の回数は1回とする。

(平29農委訓令1・一部改正)

(推進委員の委嘱)

第6条 農業委員会は、条例第10条に規定する十和田市農地利用最適化推進委員候補者選考委員会の答申を尊重して、推進委員を委嘱するものとする。

(推進委員の補充の手続)

第7条 農業委員会は、解嘱、失職、辞任又は死亡により担当区域の推進委員の全部が欠けたとき、又は推進委員の欠員の総数が条例第3条に規定する定数の6分の1を超えたときは、速やかに、補欠の推進委員を委嘱するための手続をとるものとする。

2 前項の規定は、同項に規定する要件に該当しない場合において補欠の推進委員を委嘱するための手続をとることを妨げるものではない。

(委任)

第8条 この規程に定めるもののほか必要な事項は、農業委員会が別に定める。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年農委訓令第1号)

この規程は、公布の日から施行する。

別表(第2条関係)

区域名

担当区域

定数

旧十和田湖町地区

大字沢田

大字奥瀬

大字法量

2

三本木地区

稲生町、穂並町、東一番町、東二番町、東三番町、東四番町、東五番町、東六番町、東十一番町、東十二番町、東十三番町、東十四番町、東十五番町、東十六番町、東二十一番町、東二十二番町、東二十三番町、東二十四番町、西一番町、西二番町、西三番町、西四番町、西五番町、西六番町、西十一番町、西十二番町、西十三番町、西十四番町、西十五番町、西十六番町、西二十一番町、西二十二番町、西二十三番町、元町西一丁目、元町西二丁目、元町西三丁目、元町西四丁目、元町西五丁目、元町西六丁目、元町東一丁目、元町東二丁目、元町東三丁目、元町東四丁目、元町東五丁目、ひがしの一丁目、ひがしの二丁目、一本木沢一丁目、一本木沢二丁目

大字三本木字一本木沢、字稲吉、字牛泊、字上平、字北平、字里ノ沢、字下平、字千歳森、字並木西、字西小稲、字野崎、字東小稲、字本金崎、字間遠地

大字八斗沢字家ノ下

2

四和地区

大字滝沢

大字米田字アエノクキ、字雨池、字雨沼、字家ノ下平、字石倉、字鶉平、字大久保尻、字大谷地、字門尻、字上長台、字壁良沢、字壁良沢頭、字川尻、字加原、字北野、字清瀬、字コゲ畑、字小林、字小林後、字午房平、字細工屋敷、字境平、字桜平、字笹森沢、字佐野、字笊畑、字三人役ノ上、字下川尻、字杉ノ木向、字筋久保、字蒼前平、字蒼前向、字外山、字平中、字平中家ノ下、字平山向、字高谷、字舘沢、字種原、字力石、字血取場、字長塚、字月日山、字土橋、字中村平、字長下、字梨ノ木久保、字苗代沢、字根木塚、字野月、字深沢、字二沢頭、字松山、字万内、字向久保、字向町、字向山、字森ノ越、字森鉢、字柳沢、字柳谷地、字山中、字渡場

大字大不動字漆久保、字大久保、字大反り、字大平久保、字大不動、字岡沼、字奥谷堂、字柏木、字上明戸、字上平、字上ノ山、字切谷久保、字笹森、字下タ久根、字下明戸、字白辺、字白辺日向、字蛇頭、字杉ノ木、字外ノ沢、字外山、字平山、字高松、字高松日向、字堤頭、字筒谷、字中崎沢、字長沢頭、字夏焼久保、字羽立、字八幡、字林ノ上、字林ノ平、字法量日向、字山崎、字山中

1

深持地区

大字深持

大字洞内字芦沢、字家ノ上、字家ノ下、字梅山、字上平、字小田道、字下沢、字大福平、字舘ノ下、字樽石、字塚長根、字中久根、字鍋沢、字年代久保、字羽立、字深沢平、字松ケ沢、字松久保、字宮沢、字森田

1

切田地区

大字赤沼

大字切田

大字三本木字倉手、字佐井幅、字沢幅、字下川原、字中掫、字西金崎、字矢神

大字相坂字向切田

大字大不動字頭ナシ、字コセ沢、字前日向、字山辺沢

2

大深内地区

大字馬洗場

大字立崎

大字豊ケ岡

大字洞内字家ノ向、字井戸頭、字稲荷ノ下、字後野、字上豊良、字枯木根、字北ノ平、字客僧田、字五十貫田、字妻ノ神、字坂本、字下豊良、字杉ノ沢、字千刈田、字舘、字豊良、字長田、字長根、字沼田野、字樋口、字前田、字向、字山崎

大字大沢田字池ノ平、字芋久保、字大沢田、字大洞、字北野、字笹舘、字下道、字李平、字外前田、字堤沢、字前田

大字八斗沢字伊谷沢、字大久保、字砂土路、字八斗沢、字林ノ後、字林ノ道

2

伝法寺地区

大字伝法寺

大字米田字雨溜、字一本松、字牛沼、字内田、字大岩、字岡谷地尻、字クゴ谷地、字平屋敷、字竹ノ鉢、字段ノ前、字長台、字ヒザ森、字冷水、字向谷地、字盲沼、字山日向

1

東部地区

大字大沢田字有信山、字牛鍵、字姥懐ノ上、字大下内、字大開、字久根ノ内、字小下内、字左ノ田、字下モ山、字蒼前、字長根、字鍋久保、字橋場、字葉ノ木谷地、字早坂

1

藤坂地区

大字藤島

大字相坂字相坂、字落間、字上鴨入、字上前川原、字小林、字下タ川原、字下鴨入、字下前川原、字白上、字高清水、字長漕、字六日町上川原

1

六日町地区

大字相坂字石畑、字高見、字高見下、字箕輪川原、字箕輪平、字六日町、字六日町山、字向川原、字向箕輪川原、字若狭川原、字和田

1

画像画像画像

画像

画像

十和田市農地利用最適化推進委員の候補者の選考等に関する規程

平成28年12月16日 農業委員会訓令第1号

(平成29年1月19日施行)