○十和田市鳥獣被害対策実施隊設置要綱

平成29年4月27日

訓令第12号

(趣旨)

第1条 この要綱は、鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための特別措置に関する法律(平成19年法律第134号。以下「法」という。)第9条に規定する鳥獣被害対策実施隊の設置、組織等に関し必要な事項を定めるものとする。

(実施隊の設置)

第2条 法第9条第1項の規定により、十和田市鳥獣被害対策実施隊(以下「実施隊」という。)を設置する。

(実施隊の隊員)

第3条 実施隊の隊員(以下単に「隊員」という。)は、法第9条第3項の規定により、次に掲げる者をもって充てる。

(1) 市長が市職員のうちから指名する者 鳥獣被害対策主管課の課長、課長補佐、鳥獣被害対策主管係長及び担当職員

(2) 市長が任命する者 一般社団法人青森県猟友会十和田市支部(以下「支部」という。)から推薦を受けた者

(対象鳥獣捕獲員)

第4条 市長は、前条第2号の隊員のうち、次に掲げる要件を満たす者を対象鳥獣捕獲員として任命する。

(1) 銃猟による捕獲等を期待される隊員(第1種銃猟免許又は第2種銃猟免許の所持者に限る。)にあっては、過去3年間に連続して狩猟者登録を行い、対象鳥獣の捕獲等を適正かつ効果的に行うことができる者であること。

(2) 網又はわなによる捕獲等を期待される隊員(網猟免許又はわな猟免許の所持者に限る。)にあっては、対象鳥獣の捕獲等を適正かつ効果的に行うことができる者であること。

(実施隊の組織)

第5条 実施隊に隊長及び副隊長を置き、隊長は鳥獣被害対策主管課の課長、副隊長は支部の支部長をもって充てる。

2 隊長は実施隊を指揮し、副隊長は隊長を補佐する。

3 隊長に事故があるとき、又は欠けたときは、市長が指名する隊員がその職務を代理する。

4 実施隊に、活動地域に応じ、別表第1のとおり班を設置する。

5 班に班長を置き、班長及び所属する隊員は、隊長があらかじめ隊員(対象鳥獣捕獲員を含む。以下同じ。)のうちから指名する。

6 班長は、班に所属する隊員を指揮する。

(隊員の解任)

第6条 市長は、隊員の銃猟等の免許が取り消されたとき、正当な理由なく実施隊の出動に応じなかったときその他市長が隊員としてふさわしくないと認めるときは、隊員を解任することができる。

2 前項の規定にかかわらず、市長は、隊員(第3条第2号に規定する隊員に限る。第8条及び第9条において同じ。)本人が辞任を申し出たときは、解任するものとする。

(実施隊の出動等)

第7条 市長は、実施隊の出動を必要と認めるときは、隊長に出動を指示するものとし、当該指示を受けた隊長は、直ちに活動地域を管轄する班長に出動を指示するものとする。

2 前項の規定により出動の指示を受けた実施隊の班長は、所属する隊員に出動を命ずるものとする。

3 出動した班の班長は、班の出動状況を出動日ごとにとりまとめ、十和田市鳥獣被害対策実施隊業務報告書(別記様式)を隊長及び副隊長の確認を受けて市長に提出しなければならない。

(隊員の報酬及び費用弁償)

第8条 隊員の報酬の額は、別表第2に定めるところによる。

2 隊員の費用弁償については、十和田市非常勤職員の報酬及び費用弁償条例(平成17年十和田市条例第42号)の定めるところによる。

(災害補償)

第9条 隊員の職務中における事故の補償は、青森県市町村等非常勤職員の公務災害補償等に関する条例(平成19年青森県市町村総合事務組合条例第1号)の定めるところによる。

(守秘義務)

第10条 隊員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、同様とする。

(事務局)

第11条 実施隊の事務局は、鳥獣被害対策主管課に置く。

(その他)

第12条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

別表第1(第5条関係)

班の名称

活動地域

第1班

三本木地区

第2班

藤坂地区

第3班

大深内地区

第4班

四和・切田地区

第5班

十和田湖地区

別表第2(第8条関係)

業務の内容

報酬の額

報酬の単位

対象鳥獣等

農林業被害対策

1,500円

1日

ツキノワグマ、ニホンジカ、カラス等

水産業被害対策

3,000円

1日

カワウ、カモ類(カルガモ、マガモ)、サギ類(ダイサギ、ゴイサギ)

緊急対応(人的被害時等)

3,000円

1日

ツキノワグマ等

その他市長が必要と認める業務

1,500円

1日

被害防止柵の設置等

画像

十和田市鳥獣被害対策実施隊設置要綱

平成29年4月27日 訓令第12号

(平成29年4月27日施行)