クリミア・コンゴ出血熱に係る注意喚起について

今般、スペインの首都マドリッドにおいてクリミア・コンゴ出血熱の発生が確認され、西ヨーロッパにおいて最初の国内感染例と考えられていることから、改めて海外渡航者に対し注意喚起を行っているところです。

クリミア・コンゴ出血熱に関しては、ウイルスを有するマダニに咬まれること、ウイルスに感染した動物や人の血液等に接触することを通して感染することが知られており、スペインを含めた発生地域に渡航される際には、ダニに咬まれない、家畜などにむやみに触れない等の予防措置を講じるとともに、もし発生地域から帰国し、疑わしい症状がある場合には、早期に医療機関を受診し、適切な治療を受けることが重要です。

 

クリミア・コンゴ出血熱について

発生地域:中国西部、東南アジア、中央アジア、中東、ヨーロッパ、アフリカ。

感染経路:ウイルスを保有したマダニに咬まれたり、感染動物(特にヒツジなどの家畜)と接触したりして感染する。

主な症状:2~9日の潜伏期ののち、発熱、関節痛、発疹、紫斑(出血)、意識障害など。

感染予防:草の茂ったマダニの生息する場所に入る場合には、長袖、長ズボンを着用し、素足でのサンダル履き等は避ける。また家畜にはむやみに触れない。

 

参考

【厚生労働省】クリミア・コンゴ出血熱についてこのリンクは別ウィンドウで開きます

この記事へのお問い合わせ
健康管理係
先頭へ ホーム