「高齢者見守りロボット」のモニターを募集します

「高齢者見守りロボット」とは

 一人暮らしの高齢者が安全・安心に生活ができる環境づくりの確保及び離れて暮らすその家族等とのやりとりやロボットによる見守りを行うことにより、一人暮らし高齢者の日常生活状況の把握や孤独感の軽減、異常の早期検知が可能な仕組みのデジタル機器です。

 

見守りロボットパペロ見守りロボットパペロパペロとおしゃべりしよう

  • お知らせ機能

お薬の時間や戸締りなど、忘れがちな生活行動をロボットがお知らせする機能があります。

  • インターネットを利用した見守りサービス

朝、昼、夕方の3回、高齢者がロボットの前に来ると、声をかけた後に写真を撮って家族に送信します。家族がスマホやパソコンで写真を確認すると、ロボットが「見たよ」と音声で連絡します。

その他、家族から写真や動画、メッセージを送ることができます。

一人暮らしの高齢者ロボットによる見守り離れて暮らす家族

 

お申込みについて

●モニター対象

十和田市内在住で70歳以上の一人暮らしの人と、離れて暮らしている家族

●モニター期間

令和3年7月~令和4年1月(7カ月間)

台数10台(上限を超えた場合は選考で決定します)

●申込み場所

十和田市役所高齢介護課高齢者総合支援係

(本館1階9番窓口) 

●申込み方法

高齢介護課に備え付けの申請書に必要事項を記入の上、申請してください。

申請書の郵送も対応しますので、希望する場合はご連絡ください。

申込期限 5月20日(木)

※くわしくは高齢介護課高齢者総合支援係までお問い合わせください。 

 

高齢者見守りロボット利用申請書様式はこちらからダウンロードできますエクセルファイル(25KB) 

高齢者見守りロボットチラシはこちらからダウンロードできます.pdfPDFファイル(616KB)

この記事へのお問い合わせ
高齢者総合支援係
先頭へ ホーム