十和田市特定不妊治療費助成事業について

十和田市では、少子化対策の一環として、不妊治療を受ける夫婦の経済的負担を軽減するため、特定不妊治療費の一部を助成します。

※助成は「青森県特定不妊治療費助成事業」の交付決定を受けた方へ、市が上乗せして行います。

 

対象となる治療

  • 体外受精 
  • 顕微授精

対象者

  • 法律上の婚姻をしている夫婦であること
  • 「青森県特定不妊治療費助成事業」の交付決定を受けており、その他の地方公共団体から同様の助成を受けていないこと
  • 夫婦のいずれか一方が、「青森県特定不妊治療費助成事業」の交付決定の日から市への申請日まで継続して十和田市に住所を有していること

助成金額

治療に要した費用から県の助成額を控除した額と、県の助成額に3分の2を乗じて得た額を比較して、いずれか少ない額(上限10万円)

申請期間

県の交付決定を受けた日から、交付決定を受けた日の翌月末日まで

必要書類

希望するかたは、次のものをお持ちになり、こども支援課へお越しください。

  • 不妊治療費助成申請書(こちらから印刷またはこども支援課でお渡しします)
    令和3年度十和田市特定不妊治療費助成金申請書ワードファイル
  • 青森県特定不妊治療費助成事業費補助金交付決定・確定通知書の写し
  • 債権者登録申請書(こども支援課でお渡しします)
  • 口座の確認ができるものの写し(通帳等)
  • 印鑑(スタンプ印不可)

その他

青森県特定不妊治療費助成事業につきましては下記をご覧ください。

初回申請における助成実例

事例1

新鮮胚移殖を実施した場合

治療期間:約40日

治療費:402,460円

県の助成費:300,000円

市の助成費:100,000円

実質自己負担額:2,460円

事例2

凍結胚移殖を実施した場合

治療期間:約170日

治療費:422,930円

県の助成費:300,000円

市の助成費:100,000円

実質自己負担額:22,930円

事例3

体調不良等により移殖のめどが立たず治療終了

治療期間:約20日

治療費:359,180円

県の助成費:300,000円

市の助成費:59,180円

実質自己負担額:0円

この記事へのお問い合わせ
こども給付係
先頭へ ホーム