一定以上所得がある方の医療費の窓口負担割合が変わります

 2022年(令和4年)10月1日から、一定以上の所得のある方は、現役並み所得者(窓口負担割合3割)を除き、医療費の窓口負担割合が2割となります。

 

          2割負担イメージ図

           ※住民税非課税世帯の方は基本的に1割負担となります。

 

 見直し後の自己負担割合の判定方法や見直しの背景等、詳細はリーフレットをご確認ください。

  自己負担割合見直しに関するリーフレットPDFファイル(761KB)

     

関連リンク

令和3年度税制改正について(後期高齢者の窓口負担割合の変更等)(厚生労働省)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

お問い合わせ先

医療費の自己負担割合の見直しに関するご質問

・青森県後期高齢者医療広域連合

  受付時間:午前8時30分~午後5時15分(土日・祝日を除く)

  電話番号:​017-721-3821 

 

・国民健康保険課 長寿医療係

  受付時間:午前8時30分~午後5時15分(土日・祝日を除く) 

  電話番号:0176-51-6752

今回の制度改正の背景等に関するご質問等

・厚生労働省コールセンター

  受付時間:午前9時~午後6時(日・祝日を除く)

  電話番号:0120-002-719

この記事へのお問い合わせ
国民健康保険課 長寿医療係
先頭へ ホーム