産前産後期間の国民年金保険料免除申請を受け付けます

 国民年金第1号被保険者が出産を行った際には、出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除される制度が始まります。

 

免除期間

出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間(以下「産前産後期間」といいます。)の国民年金保険料が免除されます。

なお、多胎妊娠の場合は、出産予定日または出産日が属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます。

※出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。(死産、流産、早産を含む。)

 

対象

「国民年金第1号被保険者」で出産日が平成31年2月1日以降の人

 

施行日

平成31年4月1日

 

申請方法

申請は出産予定日の6か月前から提出可能です。

住民登録をしている市(区)役所・町村役場の国民年金担当窓口へ申請書を提出してください。

申請書は年金事務所または市(区)役所・町村役場の国民年金の窓口に備え付けてあります。

 

持ち物

基礎年金番号またはマイナンバーがわかるもの、母子健康手帳、本人確認書類(マイナンバーカード、免許証、保険証など)

※世帯が異なる人が申請する場合は、委任状、代理人の本人確認できる書類が必要です。

この記事へのお問い合わせ
国民年金係
先頭へ ホーム