市外に住所登録があり十和田市で新型コロナワクチンの接種を希望する方へ

※十和田市での住所地外接種申請の受付は、令和3年9月30日(土曜日)をもって終了しました。

 

※国からのワクチン供給の見込みがない状態です。県外に住民票がある方、県外等(ファイザー社製以外)で1回目の接種をされた方は、県コールセンターへ広域接種についてお申し込みください。

県での広域接種(アストラゼネカ)についてはこちら。
県での広域接種(武田/モデルナ)についてはこちら。

 

新型コロナワクチンの接種対象者については、原則住所地で接種を受けることとされています。しかし、やむを得ない事情で住所地外で接種を希望する場合は、接種を行う医療機関等が所在する市町村で接種を受けることができます。なお、事前の届出が不要な場合もありますので下記をご確認ください。

 


 

1.事前の届出が必要な方
  ・出産のために里帰りしている妊産婦
  ・単身赴任者
  ・遠隔地へ下宿している学生
  ・ドメスティックバイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
  ・その他市町村長がやむを得ない事情があると認める者

 

下記の方法で事前に届出が必要です。

【窓口での申請】

「住所地外接種届」に必要事項を記入し、直接窓口にご提出ください。

 

【郵送での申請】
「住所地外接種届」に必要事項を記入し、下記送付先へ郵送してください。 市は、届出を受領し、届出内容に問題がなければ「住所地外接種届出済証」を郵送により交付します。

 

 


送付先
 〒034-0081 十和田市西十三番町4-37
 十和田市保健センター内 新型コロナウイルス感染症ワクチン接種対策室

 

※接種の際は、市が交付する「住所地外接種届出済証」を医療機関等の受付窓口にご提示ください。

 また、事前の予約が必要となります。

 

2.事前の届出が不要な方

  次に該当する方で、医療機関での接種を希望される場合は、届出は不要です。

  ・入院、入所者

  ・基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合 

  ・副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合

  ・市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合

  ・災害による被害にあった者

  ・拘留又は留置されている者、受刑者

  ・住所地外接種者であって、市町村に対して申請を行うことが困難な方

この記事へのお問い合わせ
新型コロナウイルス感染症ワクチン接種対策室
先頭へ ホーム