お子さまや家族が新型コロナウイルスに感染した時に注意したいこと

家庭内感染に注意しましょう。

お子さまの観察ポイントは、ご機嫌、食欲、顔色、呼吸のようすなどです。ご機嫌がよく、食欲があり、顔色がふつうであれば基本的に心配いりませんが、意識がはっきりしない、機嫌が悪い、食欲が低下している、水分がとれない、顔色が悪い、息苦しそう、嘔吐を繰り返すなどの場合はかかりつけ医などに早めにご相談ください。

お子さまが新型コロナウイルスに感染した際の対応について

1.窓を開けて換気

 定期的に換気をしましょう。共用スペースや他の部屋も頻繁に換気を行いましょう。

2.可能な範囲で部屋を分ける

 可能な範囲で部屋を分けましょう。部屋を分けられない場合は、仕切りやカーテンなどで工夫するなど、接触する時間をなるべく短くするよう心がけましょう。

3.可能な範囲でマスクを着用

 本人を含め、同居家族全員はできるだけマスクを着用しましょう。ただし、2歳未満のお子さまへのマスクの着用は、息が詰まるなどの危険があるのでやめましょう。

4.こまめな手洗い・幅広い消毒

 こまめに石鹸で手洗いし、頻繁に触れるものは消毒しましょう。テーブルや椅子、ドア、テレビやエアコンのリモコン、トイレ(便座など)、おもちゃ、文房具などは幅広く消毒しましょう。

5.洗濯・掃除

 着衣の交換・洗濯、掃除等を徹底しましょう。洗濯は通常の洗剤を用い、特別な対応は不要です。

6.ゴミは密閉して捨てましょう

 ゴミを室外に出すときは密閉して捨てましょう。鼻をかんだティッシュ等は、すぐに2重のビニル袋で密閉して捨てましょう。手洗いも忘れずに行いましょう。

家族が新型コロナウイルスに感染した時に注意したいこと

1.部屋を分ける

 個室にしましょう。部屋を分けられない場合は、2m以上の距離を保ったり、仕切りやカーテンの設置などをおすすめします。

2.窓を開けて換気

 定期的に換気しましょう。共用スペースや他の部屋も窓を開けっ放しにするなど換気しましょう。

3.マスクを着用

 マスクを隙間なくフィットさせ、正しく着用しましょう。外す時は表面に触れないように紐部分を持ち、外した後は手洗いを行いましょう。

4.こまめな手洗い、手で触れる部分を消毒

 こまめに石鹸で手洗いし、アルコール消毒しましょう。ドアの取っ手、ベッド柵、トイレ、洗面台など共用部分を消毒しましょう。

5.汚れたリネン・洋服を洗濯

 汚れた衣類やリネンは、手袋とマスクを着用し、一般的な家庭用洗剤で洗濯して完全に乾かしてください。

6.ゴミは密閉して捨てましょう

 鼻をかんだティッシュ等は、すぐにビニル袋に入れ、室外に出すときは密閉して捨ててください。手洗いも忘れずに行いましょう。

 

【参考】厚生労働省ホームページ「感染拡大防止へのご協力をお願いいたします!」

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kansentaisaku.htmlこのリンクは別ウィンドウで開きます

先頭へ ホーム