新型コロナウイルス感染拡大防止対策経費を補助します。申請受付期間は12月21日までです。【12月1日更新】

十和田市では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止と衛生意識の向上を図るため、市内に店舗または事業所を有する事業者等に対して、サーマルカメラやマスク・体温計等を購入する際の費用に係る補助金を交付します。 

11月30日までに支払が完了した経費が対象となります。申請受付期間は12月21日までです。

 

案内チラシ 

画像クリックでダウンロードします

チラシ表チラシ裏

 

補助金の対象となる経費及び補助金の額 

店舗または事業所ごとに下記(1)または(2)のいずれか1つを選択して申請することができます。

(1)サーマルカメラ導入事業(2台まで) 

  • 補助対象経費:サーマルカメラ(カメラ設置型、ハンディー型、タブレット型)の購入及び設置に係る経費 
  • 補助額:補助対象経費の3分の2の額(上限50万円) 

(2)感染拡大防止に向けた物品等購入及び設備導入事業

  • 補助対象経費:次の1から3まで購入、導入に係る経費 
  • 補助額:補助対象経費の全額(上限5万円) 
  1. 衛生用品…マスク、フェイスシールド、ペーパータオル、消毒液、ハンドソープ、その他の衛生用品の購入に係る経費
  2. 物品購入、機器導入費…体温計(非接触型体温計含む)、飛沫感染防止用アクリル板、ベルトパーテーション、ついたて板(パーテーション)、透明ビニールカーテン・シート、ソープディスペンサー、カード決済・電子マネー導入に係る経費、その他の物品購入・機器導入費 
  3. 改修・修繕工事…自動消毒液噴霧器(手指用)、自動水栓への交換、換気扇の設置費、感染対策用の掲示物(業者に発注したもの)、その他の改修・修繕工事に係る経費 

 

対象期間

補助金の対象期間は、令和2年4月1日から令和2年11月30日までの間に購入・整備した経費が対象です。11月30日までに支払が完了した経費が対象となります。

 

申請受付期間 

補助金の申請は、令和2年7月1日(水曜日)から令和2年12月21日(月曜日)まで受け付けます。 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、郵送での申請にご協力をお願いいたします。(郵送については、令和2年12月21日の消印有効)

 

提出書類 

  1. 交付申請書…令和2年度十和田市新型コロナウイルス感染拡大防止対策支援事業補助金交付申請書 (様式第1号)
  2. 直近の確定申告書類または住民税申告書類等の控え等の写し(法人の場合は直近の法人市民税の申告書の写し)
  3. 事業の許可が必要な業種の場合 業種に係る営業に必要な許可等を取得していることが分かる書類の写し 
    (事業の許可等を必要としない業種の場合 店舗又は事業の分かる書類の写し及び店舗の外観写真)
  4. 補助事業に要した経費の支払を証明する書類の写し(領収書等) 
  5. 購入した設備等の設置状況がわかる写真(上記(2)の1のみを購入した場合は不要)
  6. 補助金振込口座の通帳の写し 

 

申請の注意点等

申請は、店舗または事業所につき1回のみです。補助額が上限に達していない場合でも、残額分の追加申請はできません。

交付申請後に計上漏れがあった場合は、確定通知前であれば一度申請を取り消し、再度申請をすることは可能です。

 

法人等が複数の店舗または事業所を有する場合は、それぞれの店舗または事業所が対象となります。

申請は、店舗等ごとでも複数分まとめても可能です。

 

本事業により補助金の交付を受けて物品等の購入・導入をした場合は、この事業に関する帳簿及び書類を整備し、他の経費と明確に区分して経理し、補助金の使途を明らかにする必要があります。

整備した帳簿及び書類は、令和3年度から5年間保管する必要があります。

 

申請受付窓口・お問い合わせ先 

補助金の申請に関する相談は、十和田市新型コロナウイルス感染症特別対策室(十和田市保健センター内)で受け付けています。 

 

その他(申請書等)

申請書は下記からダウンロードすることができます。 また、希望者には郵送しますのでお電話にてご連絡ください。

なお、十和田市役所、十和田市保健センター、十和田商工会議所、十和田湖商工会、観光物産センター(AST)、ぷらっとに申請書用紙を設置しておりますのでご利用ください。

 

この記事へのお問い合わせ
特別対策係
先頭へ ホーム