安全と環境保全にはクルマの点検整備が必要です!~「自動車点検整備推進運動」実施中~

 自動車は、私たちの生活に対して非常に大きなかかわりをもち、今や必要不可欠な存在となっております。その反面、自動車の故障・不具合による事故や、排気ガスによる地球温暖化問題や大気汚染による健康被害などへの対応が重要となっており、それらに対する自動車ユーザーが行える対策として定期点検整備の実施があります。

 自家用乗用自動車(マイカー)を例にとりますと、定期点検整備には1年点検と2年点検(車検期)があり、クルマの安全維持と公害防止のために行う「故障を防ぐための予防整備」という大変重要な役割があります。

 しかし、定期点検整備の実施率は決して高いとは言えない状況です。

 このような状況から、国土交通省では、自動車の保守管理の徹底を推進するため、年間を通じて「自動車点検整備推進運動」を展開しておりますが、本年において9月1日から30日までの1ヶ月間を全国統一強化月間、10月1日から31日までの1ヵ月間を地方独自強化月間として、街頭において啓蒙活動を行うなど、協力に推進して参ります。

 みなさんも、この機会に自動車を安全に安心して使用するため、また、地球環境を守るため、自動車の点検整備について理解を深めていただきたいと思います。

 

点検整備に関する相談・問い合わせは下記あてにお願いします。

・国土交通省 東北運輸局自動車技術安全部(検査整備110番)

       電話:022-299-8855

・東北運輸局青森運輸支局検査整備保安部門

       電話:017-715-3320

 

詳しくは、Webをご覧ください。 http://www.tenken-seibi.com/このリンクは別ウィンドウで開きます

先頭へ ホーム